[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

環境活動・トピックス

2016年9月12日

遠野ホップ畑で生きもの観察会を開催しました

2016年7月31日に遠野市とキリンの夏休み共同イベントとして「遠野ホップ畑生きもの観察会」を開催しました。キリンは2014年から遠野のホップ畑が果たす里地里山としての機能について調査を進めてきました。今回はホップ畑の近くにお住いのご家族13名に参加いただき、ホップ畑周辺に棲む生きものたちの観察をとおしてホップ畑が果たす里地里山としての役割を感じていただきました。

  • 8時00分 開会

    すばらしい晴天の中、参加者のみなさんが「光興寺コミュニケーションセンター」に集合。遠野市産業振興部の荒井課長に生きもの観察会の開会のご挨拶をいただきました。

    光興寺コミュニケーションセンター 開会の様子1 遠野市産業振興部の荒井課長 開会の様子2
  • 8時10分  生きもの観察会スタート

    生きもの調査を担当した先生方の引率で約1kmほど離れたホップ畑へ出発。出発直後から沿道で様々な生きものが見つかり、都度、先生の解説が入ります。ホップ畑に着くまでにチョウやナナフシが見つかりました。

    ホップ畑へ出発する様子 先生の解説の様子 ナナフシ発見の様子 様々な生きものの様子
  • 8時45分  ホップ畑到着

    ホップ畑に到着。ホップ畑は風の影響を避けるため防風林で囲まれていますが、実はここにたくさんの生きものが棲んでいるのです。クワガタを見つけた子どもたちは大喜び!

    ホップ畑到着の様子 ホップ畑の様子 クワガタを見つけた子どもたちの様子 クワガタ
  • 9時30分  休憩

    この日は突き抜けるような青い空、日差しも強かったのでここで小休憩。
    前半見つけた昆虫たちを記録に書き留めます。

    休憩の様子 今までの記録を書き留める子どもの様子
  • 9時45分  水辺の観察

    一服した後は、ホップ畑に隣接している雑木林の中にある小川の観察です。幅1mほどの小さな小川ですがオニヤンマのヤゴがたくさん観察されました。見つけたヤゴはもとの小川に戻します。秋になったらホップ畑の中をたくさんのオニヤンマが飛び交ってくれることでしょう。

    水辺の観察をする様子 小川 小川でヤゴを観察する様子 ヤゴ
  • 10時00分  ホップ畑の観察

    最後はホップ畑内部の涼しい日陰で記念撮影。観察会はここでおしまいです。ご苦労様でした!

    ホップ畑内部にいる子どもたちの様子 記念撮影の様子
  • 10時30分  観察記録のまとめ

    もと来た道を戻って、集合場所のコミュニケーションセンターへ。仕上げは子どもたちが観察できた生きものたちの絵を書いたりして記録にまとめる作業です。最後に発見した生きものと観察会の感想を一人ひとり発表していただきました。

    記録をまとめる子どもたち様子1 記録をまとめる子どもたち様子2 感想発表の様子1 感想発表の様子2
  • 12時00分  昼食会

    発表会が終わると近くの「たかむろ水光園」へ移動。昼食は遠野名物ジンギスカンバーベキューです。ラム肉だけでなく、特別にビールの仕込粕を食べて育った牛のカルビとロースもみんなでおいしくいただきました。

    昼食会の様子 遠野名物ジンギスカンバーベキュー

参加した皆さんからは「近所のホップ畑にこんなにたくさんの生きものが棲んでいる事を知り、改めて畑がある事が里山の自然を守る事にも繋がっていることに気付かされた。」という感想もいただきました。夏休みの良い思い出になるといいですね。

2015年の遠野ホップ畑生きもの調査結果の詳細はこちらから
http://www.kirin.co.jp/csv/eco/topics/2015/material_1130_01.html

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ