[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

環境活動・トピックス

2015年11月10日

KIRIN×ランドネ「水をめぐる森の教室」で、水と水を育む森の関係を体感いただきました

水をめぐる森の教室参加者たち 水をめぐる森の教室参加者たち

富士山の伏流水を使用しておいしいウィスキーをつくっているキリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所で、森と水のつながりを体験いただく「水をめぐる森の教室」を、雑誌「ランドネ」との共催で開催しました。

2年目となる今年は10月に2回開催しました。蒸溜所にほど近い伏流水が湧き出る森を、森の香りを胸いっぱいに吸い込みながら、自然観察指導員の方からクイズを交えた森の解説を聞きながら散策。その後、豊かな森を作るための下草刈と植樹を体験したり、迫力ある伐採の様子を見学し、水と森との密接な関係を学んでいただきました。
午後からは、ノミとトンカチを手に、台風などで倒れた木をくり抜いて作る苗木ポット作り。ポットごと土に植えると、やがてポットが朽ち、植えた苗の肥料になる苗木ポットをお土産として持ち帰っていただきました。

蒸溜所の見学のあとには、蒸所の敷地内にある「キリン自然の森」で、おしゃれでおいしいおつまみと、自然のめぐみがいっぱいつまったウィスキーを楽しみながら、「水をめぐる森の教室」を締めくくりました。

キリン自然の森で行われた水をめぐる森の教室 キリン自然の森で行われた水をめぐる森の教室

豊かな水を得るには、水を育む森の働きがとても大切です。キリングループでは、1999年から行っている「水源の森活動」では、森林の機能が正常に維持され、豊かな水がこれからも変わらず持続的に利用できるように、従業員とその家族、地域の方々や活動に共感して応募いただいた方々と共に、下草刈りや植林、間伐作業を実施しています。キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所でも、蒸溜所から車で数十分のところに43haの「キリン富士山麓水源の森」があり、2006年からの活動により明るく茂る森になりました。今後は、地域の方々とを見守り、お客様に森と水のつながりを体験いただく機会を増やしていきたいと考えています。

キリングループの水資源への取り組みはこちらで紹介しています。
http://www.kirin.co.jp/csv/eco/mission/source.html#navTop

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ