[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

環境活動・トピックス

2014年12月19日

遠野のホップ畑の生きもの調査を開始しました

遠野のホップ畑で確認された生きもの

「一番搾りとれたてホップ生ビール」は岩手県遠野産ホップを使用しています。自然豊かな遠野にあるホップ畑には、豊かな生態系を守る里山としての役割があるのではないか。2014年の夏、私たちはそのことを確認するためにホップ畑とその周辺で生きもの調査を実施し、その結果たくさんの生きものを確認することができました。
鳥類では15科20種が、昆虫では41科82種が見つかり、畑の内部でもマユタテアカネ、ヒメアカネ、アキアカネ、ノシメトンボといったトンボ類が昆虫を捕食する様子や、チョウ類ではスジクロシロチョウが畑内のイヌガラシに産卵する様子も確認できています。
ホップはつる草で5m程度の高さまで伸びますが、風の影響を防ぐために周りを林で囲むようにしています。この林とその周辺の草地、及びホップ畑の下草という組み合わせが、多様な生きものを育んでいるのではないかと推測しています。今後も調査を継続し、ホップ畑とその周辺の組みわせが果たしている里山としての価値を評価していく予定にしています。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ