[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

キリンの環境ビジョンキリンの環境ビジョン

子どもたちの世代に美しい地球を残し、おいしい飲み物を、ずっとお届けしていくために、
地球のめぐみを、次の世代につないでいく。それがキリンの環境の取り組みです。

キリングループの飲みものは、自然のめぐみからつくられています。キリングループの飲みものは、自然のめぐみからつくられています。

「子どもたちの世代に美しい地球を残したい」

それは多くの人々の想いであるとともに、キリンの想いでもあります。なぜなら、キリンの飲みものは農産物を使用して容器に詰めてお客様にお届けしていますが、その過程で発生するCO2による地球温暖化が原料である農産物と水に影響を与える、まさに自然のめぐみに支えられた事業だからです。そのことを見つめ直し、キリンが取り組まなければならないと考えて定めた方向性が「キリングループ長期環境ビジョン」です。

2050年に向けた世界的課題2050年に向けた世界的課題

地球はたくさんのめぐみを私たちに与えてくれますが、その能力にも限りはあります。すでに私たちは地球が与えることのできる能力の1.5倍もの資源を使っているといわれており、次の世代の子どもたちのために用意されたものまでを使ってしまっていることになります。この美しい地球を子どもたちに残すためには、地球が与えてくれるめぐみを持続可能な形で使っていく必要があるのです。

豊かな地球のめぐみを将来に引き継いでいくためには、長期的なビジョンを持ち、社会とともに課題解決に取り組むことが必要です。

※OECD(2012)Environmental Outlook to 2050、UNEP(2011)Decoupling natural resource use and environmental impacts from economic growth

キリングループ長期環境ビジョン 2050年目標キリングループ長期環境ビジョン 2050年目標

キリングループは、子どもたちの世代に美しい地球を残し、お客様に飲みものをお届けし続けるために、重要な原材料である「自然に育まれた原料」「豊かな水」「やさしいパッケージ」を持続可能な形で利用し、「地球温暖化」に対応するために事業を通じて排出されるCO2排出量を2050年には半減することを目指して取り組みを始めました。こうすることで、2050年には私たちの事業に係わる環境負荷を、地球が賄うことのできる能力とバランスさせていきます。

豊かな地球のめぐみを将来にわたって享受し引き継ぎたいという想いを、
バリューチェーンに係わるすべての人々と共につないでいきます。

水資源 2050年までに、それぞれの地域で享受できる水資源を永続的に使用できるようにします。水資源 2050年までに、それぞれの地域で享受できる水資源を永続的に使用できるようにします。
生物資源 2050年までに、容器包装を持続可能な形で使用できるようにします。生物資源 2050年までに、容器包装を持続可能な形で使用できるようにします。
容器包装 2050年までに、生物資源を持続可能な形で使用できるようにします。容器包装 2050年までに、生物資源を持続可能な形で使用できるようにします。
地球温暖化 2050年までに、事業のバリューチェーンのCO2排出量を1990年比で半減します。地球温暖化 2050年までに、事業のバリューチェーンのCO2排出量を1990年比で半減します。
目指すべき方向性:資源循環100%社会の実現
キリングループのバリューチェーンから発生する環境負荷を低減させながら、地球が賄うことができる能力とのバランスが取れるように資源を循環させていきます。
取り組みの姿勢
NGOや企業コンソーシアムとも連携し、広くステークホルダーとコミュニケーションを取りながら、役割をShareして活動を展開します。

4つの領域

大切な原料である「生物資源」と「水資源」、お客様に製品をお届けするのに必要な「容器包装」、
これらに影響を与える「地球温暖化」の4つの重点テーマで取り組みを進めています。

自然に育まれた原料
到達目標
2050年までに、生物資源を持続可能な形で
使用できるようにします。

「午後の紅茶」の主要原料生産地スリランカでは、持続可能な農園認証制度レインフォレスト・アライアンス認証を農園が取得することを支援しています。国内有数のホップ生産量を誇る岩手県遠野市ではホップ畑の生きもの調査を行っています。また、長野県上田市の休耕地を活用した自社管理ブドウ畑でも生態系調査を行い、それぞれ人が適切に手を入れることで保たれる畑の里地里山の価値を明らかにし、さらに生態系を豊かにする取り組みを開始しています。紙やパーム油の持続性向上にも取り組んでいます。

豊かな水
到達目標
2050年までに、それぞれの地域で享受できる
水資源を永続的に使用できるようにします。

国内では、水のめぐみを守るために業界に先駆けて工場水源地での森林保全活動を開始して以来、従業員や地域の方々と共に取り組みを進めています。また、節水においても、水の循環利用を進めるなど、最先端の取り組みを進めています。一方で、水資源は国や地域によって大きな偏在性があることから、グローバルレベルで水のリスク調査を行い、その結果を踏まえた対応を行うようにしています。特に水リスクの高いオーストラリアでは世界最先端の節水技術を導入しています。

やさしいパッケージ
到達目標
2050年までに、容器包装を持続可能な形で
使用できるようにします。

容器包装では、業界でも珍しく社内にパッケージング技術研究所を持っている強みを生かし、国内最軽量を目指して取り組みを進めています。具体的には、ビールのリターナブルびんの全てのサイズで国内最軽量を達成し、水用の2Lペットボトルも国内最軽量です。また、包装用の段ボールでも、コーナーカットカートン、スマートカットカートンなどの斬新な軽量化を行っています。また、軽いだけではなく使いやすさにこだわりを持って軽量化を行っています。さらに、再生ペット素材の利用、FSC認証紙の利用など、容器包装の原料そのものの持続性にも挑戦しています。

地球温暖化
到達目標
2050年までに、事業のバリューチェーンの
CO2排出量を1990年比で半減します。

2050年に事業のバリューチェーン全体のCO2排出量を1990年比で50%削減するという高い目標を掲げて取り組んでいます。国内では、省エネルギーの取り組みなどを進め、CO2排出量を1990年比で55%削減しています。ワインを輸入する際に大きなバッグで運んで国内でボトルに詰めるようにしたり、物流では競合他社との共同配送を積極的に行うなど、仕組みそのものを変えてCO2排出量を削減しています。また、排水処理設備で得られるバイオガスを工場のボイラー燃料として使うなど、再生可能エネルギーの活用にも取り組んでいます。

パートナーシップ

次の世代に美しい地球を残すために、様々なパートナーと共に取り組みを進めています。

動画ライブラリー

キリングループの環境への取り組みを動画とスライドでご覧いただけます。

上田市椀子(マリコ)ヴィンヤード生態系調査
上田市で実施している「上田市椀子(マリコ)ヴィンヤード生態系調査」について動画で紹介しています。

DEC, 2016

遠野市ホップ畑生きもの調査
遠野市で実施している「遠野市ホップ畑生きもの調査」について動画で紹介しています。

NOV, 2016

スリランカ紅茶農園レインフォレスト・アライアンス認証取得支援
「スリランカ紅茶農園レインフォレスト・アライアンス認証取得支援」について動画で紹介しています。

NOV, 2016

キリングループ長期環境ビジョンワイン編
ワインから見たキリングループの環境の取り組みをスライドにまとめました。

DEC, 2015

キリングループ長期環境ビジョン紅茶編
「午後の紅茶」から見たキリングループの環境の取り組みをスライドにまとめました。

SEP, 2015

キリングループ長期環境ビジョン
「キリングループ長期環境ビジョン」についてスライドにまとめました。

APR, 2015

キリンの環境への取り組み
「キリングループ長期環境ビジョン」について動画で紹介しています。

JUN, 2015

  • キリングループ 長期環境ビジョン 豊かな地球のめぐみを将来にわたって享受し引き継ぎたいという想いを、バリューチェーンに係わるすべての人々と共につないでいきます。
  • 「キリングループ長期環境ビジョン」グループ経営理念 当社の経営理念は、「キリングループは、自然と人を見つめるものづくりで、「食と健康」の新たなよろこびを広げていきます」というものです。これは、自然のめぐみである農作物や水を原料とし、エネルギーを使って商品をつくり、容器に入れてお客様にお届けしている綜合飲料事業を核とするキリングループの事業をよく表しています。しかし、すでに私たちの社会は年間に地球が再生可能な量の1.5倍もの資源を消費していると言われ、この「自然のめぐみ」が大きな危機にさらされているのです。
  • キリングループが取りくむ4つの領域 社会にとっても、キリンにとっても大切な資源を将来にわたって使い続けていくことができるように、キリングループは、事業に直結する環境問題である「生物資源」、「水資源」、「容器包装」、「地球温暖化」の4つのテーマを設定し、2050年にバリューチェーンから生じる環境負荷を地球が賄うことができる能力とバランスさせる「資源循環100%社会の実現」を目指して、「キリングループ長期環境ビジョン」を定めて取り組みを進めています。
  • (1)生物資源 ~生産地に寄り添い、「持続可能な生物資源」を利用します 人と自然が共生する豊かな生態系の保全という観点と持続可能な生物資源の利用という事業ニーズの観点で世界中から調達する「生物資源」のリスクを評価し、行動計画を定めて取り組んでいます。
  • (2)水資源 ~地域と共に、「永続的に水資源」を利用します 地域や国あるいは年によっても大きく様相が異なる「水資源」問題に対して、グローバルに事業を展開する各地域の状況に応じた適切な水使用に向けて取り組んでいます。
  • (3)容器包装 ~使う人を想い、「持続可能な容器」を使用します 飲む人によって使いやすく、商品を運ぶ人のために軽い容器包装を目指しながら、環境負荷を最小限に抑える持続可能な「容器包装」の開発・採用を積極的に進めています。
  • (4)地球温暖化防止 ~つないでくれる人たちと共に、バリューチェーンのCO2排出量を地球の吸収可能量に抑えます 気候変動リスクのグローバルな対応とエネルギー消費量削減を目的に、「バリューチェーンでのCO2排出量を2050年までに1990年比で半減」というグループ目標を掲げて「地球温暖化」問題に取り組んでいます。
  • 例えば、ワイン。
  • シャトー・メルシャン 「良いワインとは、その土地の気候・風土・生産者によってはぐくまれるブドウを、素直に表現したものである。」という信念をもとに、「シャトー・メルシャン」は「Growing Differences in the World」~違いをはぐくむ(世界を知り、日本の個性を育てる)~というコンセプトを掲げ、日本のワインでしか表現できない個性を追及しています。
  • シャトー・メルシャン 「Fitness & Elegance (調和のとれた上品な味わい)」。それは、私たちが目指す味わいをあらわす言葉。欧米の模倣だけでは辿り着けない、日本のワインの「個性」が凝縮された、私たちだけのコンセプトです。その結果、世界のコンクールで数々の金賞等を受賞しています。
  • 椀子(マリコ)ヴィンヤード メルシャンは2003年より長野県上田市丸子地区の自社管理畑である椀子(マリコ)ヴィンヤードでブドウの栽培を開始しました。この椀子(マリコ)ヴィンヤードでは、遊休農地を再生し元の地形や景観に配慮してブドウを栽培しています。古くからある里山のような生きものにとって住みやすい環境の中で良質なブドウが育まれています。
  • 椀子(マリコ)ヴィンヤードの豊かな自然 椀子(マリコ)ヴィンヤードは約20haに及ぶ広大なブドウ園を樹林や池、沼地が囲む美しい景観を持っています。2015年の生態系調査では、ブドウ園を運用するために整えられた環境が草地性昆虫類にとって好環境となっているなど、豊かな自然環境が希少種を含む多様な生きものを育んでいる様子が見えてきました。
  • メルシャンワインは世界中から 良質なワインを醸すことができるブドウの産地は世界の中でも比較的限られています。代表的な産地はヨーロッパ中南部やアメリカ西岸、アルゼンチンやチリ、オーストラリア・ニュージーランドなどで、メルシャンではこれらの産地のワインを輸入して日本の皆さんに届けています。
  • 世界中が選んだおいしさ 「フランジア」 例えば、「フランジア」は、世界中で愛されているカリフォルニア生まれのワインブランド。1906年のワイナリー設立以来、おいしいワインがもたらす喜びを世界中の食卓にお届けするために、質と鮮度にこだわり努力を続けています。
  • 専用バッグでワイン輸送 カリフォルニアのサンフランシスコから日本までは約2週間の長い船旅です。従来は重いびんに詰めて輸送していましたが、メルシャンでは、ワイン輸送のための専用バッグを使用し、日本でボトル詰めをしています。これにより海上輸送中のCO2が60%も削減できます。
  • ワインのためのペットボトル 専用バッグでの輸送により、日本国内でペットボトル詰めができるようになりました。このボトルは通常のペットボトルよりも酸素バリア性を向上させたワインのためのペットボトルで、びんと同等の品質保持性でワインの品質を守ります。また、軽くなると製造時や輸送時のCO2の排出量が減らせるので、エコという意味でも大きなメリットがあります。
  • ワインのおいしい未来をつくる こうしてキリングループは、おいしさに加え、お客様の利便性や環境にも配慮されたメルシャンワインを、これからも皆様に届けていきます。
  • 「キリングループ長期環境ビジョン」自然のめぐみを原料とし、自然の力と知恵を利用しているキリングループは、豊かな地球のめぐみを将来にわたって享受し引き継ぎたいという想いを、バリューチェーンに係わるすべての人々と共につないでいきます。
  • キリングループ 長期環境ビジョン 豊かな地球のめぐみを将来にわたって享受し引き継ぎたいという想いを、バリューチェーンに係わるすべての人々と共につないでいきます。
  • 「キリングループ長期環境ビジョン」グループ経営理念 当社の経営理念は、「キリングループは、自然と人を見つめるものづくりで、「食と健康」の新たなよろこびを広げていきます」というものです。これは、自然のめぐみである農作物や水を原料とし、エネルギーを使って商品をつくり、容器に入れてお客様にお届けしている綜合飲料事業を核とするキリングループの事業をよく表しています。しかし、すでに私たちの社会は年間に地球が再生可能な量の1.5倍もの資源を消費していると言われ、この「自然のめぐみ」が大きな危機にさらされているのです。
  • キリングループが取りくむ4つの領域 社会にとっても、キリンにとっても大切な資源を将来にわたって使い続けていくことができるように、キリングループは、事業に直結する環境問題である「生物資源」、「水資源」、「容器包装」、「地球温暖化」の4つのテーマを設定し、2050年にバリューチェーンから生じる環境負荷を地球が賄うことができる能力とバランスさせる「資源循環100%社会の実現」を目指して、「キリングループ長期環境ビジョン」を定めて取り組みを進めています。
  • (1)生物資源 ~生産地に寄り添い、「持続可能な生物資源」を利用します 人と自然が共生する豊かな生態系の保全という観点と持続可能な生物資源の利用という事業ニーズの観点で世界中から調達する「生物資源」のリスクを評価し、行動計画を定めて取り組んでいます。
  • (2)水資源 ~地域と共に、「永続的に水資源」を利用します 地域や国あるいは年によっても大きく様相が異なる「水資源」問題に対して、グローバルに事業を展開する各地域の状況に応じた適切な水使用に向けて取り組んでいます。
  • (3)容器包装 ~使う人を想い、「持続可能な容器」を使用します 飲む人によって使いやすく、商品を運ぶ人のために軽い容器包装を目指しながら、環境負荷を最小限に抑える持続可能な「容器包装」の開発・採用を積極的に進めています。
  • (4)地球温暖化防止 ~つないでくれる人たちと共に、バリューチェーンのCO2排出量を地球の吸収可能量に抑えます 気候変動リスクのグローバルな対応とエネルギー消費量削減を目的に、「バリューチェーンでのCO2排出量を2050年までに1990年比で半減」というグループ目標を掲げて「地球温暖化」問題に取り組んでいます。
  • 例えば、「キリン午後の紅茶」
  • 冷やしてもにごらないアイスティーを目指して 紅茶には冷やすと色が濁るという性質があります。その問題を解決したのが、キリンが開発したクリアアイスティー製法 こうして、「午後の紅茶」はペットボトル入りの紅茶として、1986年に発売されました。
  • 地球と人にやさしいペコロジーボトル 「キリン午後の紅茶」を届けるために必要なペットボトル。キリンでは、2003年から軽量化のためペコロジーボトルを採用。紅茶では2008年から採用しています。その後もさまざまな改良を重ね。2013年までに原材料で約4.5トン、CO2排出量で約15.5トンを削減しています。
  • 100%再生ペット素材を使ったペットボトル さらに「午後の紅茶 おいしい無糖」で採用されたのが100%再生ペット素材を使ったR100 PETボトル ペットボトルが再びペットボトルになるということは、同じ資源が循環するということ。一般的な石油由来ペット素材に比べて石油資源を90%削減できることから、CO2排出量を60%も削減することができます。
  • 取り組みは遠く、原料の生産地スリランカにも及びます。
  • 紅茶のルーツ スリランカ 日本が輸入する紅茶葉の60%はスリランカ産で、そのうちの25%が「午後の紅茶」に使われています。
  • キリンスリランカフレンドシッププロジェクト キリンでは、発売20周年の翌年にあたる2007年よりスリランカの紅茶農園との結びつきをさらに深めていくためのキリン スリランカフレンドシッププロジェクトを始動しました。
  • キリンライブラリーの取り組み 最初に取り組み始めたのがライブラリーの設立。2007年から紅茶農園付属の学校向けに図書の寄贈を開始し、2012年から第2期として5年間で100校への寄贈を目標に継続展開中です。
  • レインフォレスト・アライアンス認証取得支援の取り組み キリンは、スリランカの紅茶農園が、「環境保全」「社会的公正」「経済的競争力」のすべてにおいて、将来にわたっても持続的に運営していけることが大切と考えています。 そのため、2013年から持続可能な農園認証制度「レインフォレスト・アライアンス認証」を、紅茶農園が取得できるように支援する活動を開始しています。
  • 紅茶がつなぐ日本とスリランカの絆 私たちは将来においても「キリン 午後の紅茶」をご提供するため、スリランカやそこで働く人々とより良いパートナーシップを築き、スリランカの紅茶農園が「レインフォレスト・アライアンス認証」の取得を通して環境に配慮し、品質の良い紅茶葉をつくりつづけていけるように支援していきたいと思います。
  • 「キリングループ長期環境ビジョン」自然のめぐみを原料とし、自然の力と知恵を利用しているキリングループは、豊かな地球のめぐみを将来にわたって享受し引き継ぎたいという想いを、バリューチェーンに係わるすべての人々と共につないでいきます。
  • キリングループ 長期環境ビジョン 豊かな地球のめぐみを将来にわたって享受し引き継ぎたいという想いを、バリューチェーンに係わるすべての人々と共につないでいきます。
  • 「キリングループ長期環境ビジョン」グループ経営理念 当社の経営理念は、「キリングループは、自然と人を見つめるものづくりで、「食と健康」の新たなよろこびを広げていきます」というものです。これは、自然のめぐみである農作物や水を原料とし、エネルギーを使って商品をつくり、容器に入れてお客様にお届けしている綜合飲料事業を核とするキリングループの事業をよく表しています。しかし、すでに私たちの社会は年間に地球が再生可能な量の1.5倍もの資源を消費していると言われ、この「自然のめぐみ」が大きな危機にさらされているのです。
  • キリングループが取りくむ4つの領域 社会にとっても、キリンにとっても大切な資源を将来にわたって使い続けていくことができるように、キリングループは、事業に直結する環境問題である「生物資源」、「水資源」、「容器包装」、「地球温暖化」の4つのテーマを設定し、2050年にバリューチェーンから生じる環境負荷を地球が賄うことができる能力とバランスさせる「資源循環100%社会の実現」を目指して、「キリングループ長期環境ビジョン」を定めて取り組みを進めています。
  • (1)生物資源 ~生産地に寄り添い、「持続可能な生物資源」を利用します 人と自然が共生する豊かな生態系の保全という観点と持続可能な生物資源の利用という事業ニーズの観点で世界中から調達する「生物資源」のリスクを評価し、行動計画を定めて取り組んでいます。
  • (2)水資源 ~地域と共に、「永続的に水資源」を利用します 地域や国あるいは年によっても大きく様相が異なる「水資源」問題に対して、グローバルに事業を展開する各地域の状況に応じた適切な水使用に向けて取り組んでいます。
  • (3)容器包装 ~使う人を想い、「持続可能な容器」を使用します 飲む人によって使いやすく、商品を運ぶ人のために軽い容器包装を目指しながら、環境負荷を最小限に抑える持続可能な「容器包装」の開発・採用を積極的に進めています。
  • (4)地球温暖化防止 ~つないでくれる人たちと共に、バリューチェーンのCO2排出量を地球の吸収可能量に抑えます 気候変動リスクのグローバルな対応とエネルギー消費量削減を目的に、「バリューチェーンでのCO2排出量を2050年までに1990年比で半減」というグループ目標を掲げて「地球温暖化」問題に取り組んでいます。
  • 「キリングループ長期環境ビジョン」自然のめぐみを原料とし、自然の力と知恵を利用しているキリングループは、豊かな地球のめぐみを将来にわたって享受し引き継ぎたいという想いを、バリューチェーンに係わるすべての人々と共につないでいきます。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ