[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

Creating Shared Value

お客様や社会と共有できる価値の創造

キリングループは、「健康」「地域社会」「環境」という
3つの社会課題に取り組み、お客様と共に
幸せな未来をめざしていきます。

私たちのCSVコミットメント

持続的成長のための経営諸課題(グループ・マテリアリティ・マトリックス)

持続的成長のための経営諸課題(グループ・マテリアリティ・マトリックス)

私たちは、社会とともに持続的に成長していくため、「健康」「地域社会への貢献」「環境」及び酒類を扱う企業グループの前提として「酒類メーカーとしての責任」に重点的に取り組んでいきます。これらCSV重点課題について、「持続可能な開発目標」(SDGs※)等を参照しながら、事業を通じて中長期的に目指す姿を明らかにする17のコミットメントを策定しました。
また、コミットメントの達成に向けた具体的なアプローチ及び成果指標を定めました。私たちは、グループ一丸でこのコミットメントに取り組むことにより、お客様の幸せな未来に貢献することを目指します。
※ SDGs(Sustainable Development Goals):世界の持続可能な発展を実現するために、2016年から2030年までの15年間で国際社会が取り組むべき課題を定めたもの。2015年9月の国連サミットで採択された。

SDGs 世界を変えるための17の目標

酒類メーカーとしての責任

適正飲酒啓発と豊かなアルコール文化の醸成

すべての人に健康と福祉を

コミットメント

  • 地域の課題に応じて、アルコールの有害な摂取の根絶に向けて取り組みます。
  • 酒類のカテゴリーごとに、ノンアルコール・低アルコール商品の開発や認知向上に努めます。

成果指標

  • 2018年までに各地域の課題に応じた啓発プログラムを開発・実施
  • 2019年以降、啓発プログラムの実施人数や回数など、普及度に関する目標を設定
  • ノンアルコール・低アルコール商品のアイテム数を拡充

健康

健康・未病領域におけるセルフケア支援

すべての人に健康と福祉を

コミットメント

  • お客様の食生活を支えるバランスの取れた商品ラインアップや情報の提供を通じて、栄養やカロリーの日常的なコントロールを支援し、肥満など生活習慣病への対処に貢献します。

成果指標

  • 今後、アプローチに対応した具体的な成果指標を策定

産業と技術革新の基盤をつくろう

コミットメント

  • 生涯にわたるクオリティ・オブ・ライフの向上に寄与する、革新性のある商品・サービスや、新規事業の創造にチャレンジします。

成果指標

  • 2021年までに新たな商品・サービス、事業を複数立ち上げ

治療領域の進化

すべての人に健康と福祉を

コミットメント ①

  • 画期的な新薬を継続的に創出し、開発・販売をグローバルに展開していきます。(協和発酵キリン)

成果指標

  • X染色体遺伝性低リン血症性くる病(XLH)治療のためのKRN23、成人T細胞白血病リンパ腫・皮膚T細胞リンパ腫治療のためのKW-0761、パーキンソン病治療のためのKW-6002の欧米市場での販売を早期に開始

コミットメント ②

  • 安価で高品質なバイオシミラー及びオーソライズドジェネリックを提供し、バイオ医薬品のさらなる普及と世界的課題である医療費の抑制に貢献します。(協和発酵キリン)

成果指標

  • 各国・地域の特許環境に応じて、早期にバイオシミラーの販売を開始
  • 国内でネスプ®のオーソライズドジェネリックの承認取得を目指す

健康経営の実現

すべての人に健康と福祉を

コミットメント

  • お客様へ健康をお届けする企業として、従業員が積極的に健康づくりを行う環境・機会をつくっていきます。
  • メンタルヘルスや生活習慣病予防に取り組むとともに、酒類メーカーとして従業員の適正飲酒が社会の手本となるよう取り組みます。

成果指標

  • 柔軟な働き方を実現する制度、施策の推進
  • 「メンタルヘルス」「生活習慣病」「お酒との付き合い方」の問題を抱える従業員の低減

食の安全・安心の確保

飢餓をゼロに

コミットメント

  • 国際標準による製造プロセスの衛生管理※体制を確立し、安全性の向上を図ります。また、品質に関するコミュニケーションを充実させ、お客様の安心感と信頼感の向上に繋げていきます。
    ※HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)

成果指標

  • 2017年に衛生管理体制に関する成果指標を策定
  • キリンの商品やその原料に対するお客様の理解促進、及び品質に対するお客様の安心感とキリンブランドへの信頼度向上

地域社会への貢献

サプライチェーンの持続可能性強化

飢餓をゼロに

コミットメント ①

  • 日本産ホップの品質向上と安定調達に取り組み、日本産ホップならではの特徴あるビールづくりを行うとともに、生産地域の活性化に寄与します。(キリンビール)

成果指標

  • 日本産ホップの収穫数量減少の歯止め
  • 日本産ホップを使った個性的な商品の開発
  • 日本産ホップが評価され、キリングループに限らず世界で日本産ホップが使用される
  • その他、地域とキリンとの協働について、取り組み実績を併せて開示

コミットメント ②

  • レインフォレスト・アライアンス認証の取得支援をはじめ、スリランカの紅茶農園を長期的に支援し、認証茶葉の使用を拡大していきます。(キリンビバレッジ)

成果指標

  • レインフォレスト・アライアンス認証取得支援農園数の拡大
  • レインフォレスト・アライアンス認証茶葉の使用拡大

コミットメント ③

  • 世界に認められる日本ワインの発展を牽引し、ワインづくり、ブドウづくりを支える産地・地域の活性化に貢献します。(メルシャン)

成果指標

  • 「シャトー・メルシャン」の評価向上・販売数量の拡大
  • 日本ワイン用ブドウ畑の耕作面積の拡大
  • 契約栽培 地域での取り組みについて、実績を併せて開示

コミットメント ④

  • 酪農家との持続可能なパートナーシップを発展させることで、酪農家とメーカー双方の持続的な収益と、サプライチェーンを通じた価値創造を実現します。(ライオン)

成果指標

  • オーストラリア全土の契約酪農家との長期パートナーシップ
  • 契約酪農家との確固たるエンゲージメントの維持・構築
  • 全契約酪農家を対象とした支援プログラム(Lion Dairy Pride Program)の展開と、オンライン自己評価ツールの実施完了

事業活動を通じた地域活性化

働きがいも経済成長も

コミットメント ①

  • 各地の事業所が中心になって地域のお客様と一緒に、地域が元気になる商品やサービスを展開します。

成果指標

  • 地域の人々と一緒につくった商品・サービスの拡大
  • 地域活性化につながるプロジェクト(イベント参画、地域産品のブランド化を含む)の展開
  • 将来を担う地域のリーダー育成支援プログラムの展開

コミットメント ②

  • 小口配送を担う地域住民の起業を支援し、地域経済の向上に寄与します。(ブラジルキリン)

成果指標

  • マイクロ・ディストリビューター数の増加

環境

環境活動の事業戦略への反映

気候変動に具体的な対策を

コミットメント

  • 再生可能エネルギーの導入をはじめとした更なる温室効果ガス(GHG)排出量削減の取り組みを進めます。

成果指標

  • SBTによるGHG削減中期目標の達成に向けた取り組みの実施
  • 再生可能エネルギー比率の向上(2017年に定量目標を設定)

安全な水とトイレを世界中に

コミットメント

  • 生産活動における水使用量を削減するとともに、水源地の保全活動を継続的に行います。

成果指標

  • 水使用量の削減(2030年で2015年比30%削減)(協和発酵キリン)
  • 2017年度水使用量原単位の2016年度対比1.5%改善(ブラジルキリン)
  • 「水源の森活動」ほか水源地保全継続

陸の豊かさも守ろう

コミットメント

  • 原料生産地と事業地域における自然環境を守り、生態系を保全します。

成果指標

  • スリランカの農園の持続性向上
  • 日本の農地における生物多様性の確保
  • 森林再生のため育苗、および環境教育(2017年目標:75万苗・5000人受講)(ブラジルキリン)

つくる責任つかう責任

コミットメント

  • 容器包装の軽量化を継続するとともに、材料の非再生資源依存を低減し、持続性を高めます。

成果指標

  • ボトルtoボトルの維持・拡大
  • 植物性樹脂の使用検討・推進
  • FSC認証紙使用紙容器(1次/2次容器)の使用維持・拡大
  • 2030年までに容器材料のリサイクル性を90%以上に向上(ライオン)
  • 2030年までに容器包装資材のリサイクル材料比率を50%以上に向上(ライオン)
  • 2017年にジュース用の軽量PETボトルを開発(ブラジルキリン)

Creating Shared Value

お客様や社会と共有できる価値の創造

キリングループは、「健康」「地域社会」「環境」という
3つの社会課題に取り組み、お客様と共に
幸せな未来をめざしていきます。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ