[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

妊産婦の飲酒のいけない理由

妊産婦の飲酒は胎児に危険

妊産婦の飲酒は胎児に危険

未成年者の飲酒は法律で禁じられていますが、これは、発達途上にある未成熟の心身にアルコールが悪影響を及ぼすからです。
これと同じく、妊娠中の女性に飲酒は禁物です。妊娠中に摂取したアルコールは、胎盤を通って直接胎児に運ばれるからです。妊娠中の飲酒は、場合によっては「FAS」(Fetal Alcohol Syndrome 胎児性アルコール症候群)を引き起こすこともあります。FASの赤ちゃんにみられる障害としては、発育障害、知能障害、顔貌異常、ADHD(注意欠陥・多動性障害)などがあります。これらの障害は、大人になってもずっと残ることもあるのです。
お腹の赤ちゃんも立派な「未成年者」なのです。妊娠中のママは生まれてくる赤ちゃんのために、お酒を控えて下さい。
なお、今のところFASと飲酒量の関係は明らかになっていませんが、「妊婦に安全な酒量はない」と考えるべきです。

授乳期の飲酒もやめましょう

授乳期の飲酒もやめましょう

妊娠中だけでなく、母乳を通じて赤ちゃんにアルコールの害が及ぶ危険がある授乳期間中も、お酒を避けるべきです。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ