[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

お酒と健康関連リンク

適正飲酒啓発に取り組んでいる団体

公益社団法人 アルコール健康医学協会

http://www.arukenkyo.or.jp/

アルコール健康医学協会は、20年余にわたり、「適正飲酒の普及・啓発」と「未成年者飲酒防止」を事業の二つの柱として、出版物等の刊行、講演会の開催、ビデオ等の配布やポスターの作成などの活動を行っています。

特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)

http://www.ask.or.jp/

アスクは、アルコールをはじめとする依存性薬物問題の予防にとりくんでいるNPOです。アルコール依存症、イッキ飲み・アルハラ防止、飲酒運転防止、妊娠とアルコールなどのコーナーで、それらの実態や対策などを掲載しています。

独立行政法人 国立病院機構 久里浜医療センター

http://www.kurihama-med.jp/

久里浜医療センターはアルコール症全体にわたる臨床研究、教育研修、予防活動及び情報発信を軸とした政策医療を提供しており、日本最大のアルコールの治療・研究・研修機関です。

独立行政法人 国立病院機構 肥前精神医療センター

http://www.hizen-hosp.jp/

肥前精神医療センターは、アルコール依存のほか、現代の精神科医療に求められるほとんどの機能と専門領域毎の専門医や専門外来、専門病棟を有するわが国でも数少ない多機能(オールラウンド)型精神科医療機関です。

ビール酒造組合

http://www.brewers.or.jp/

ビール会社5社で構成するビール酒造組合では未成年者の飲酒を防止する運動として、「STOP!未成年者飲酒 プロジェクト」を立ち上げたり、中学生と高校生を対象に「ポスター」「スローガン」および「学校賞」を募集したりしています。

厚生労働省(健康日本21~第二次~)

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kenkounippon21.html

健やかで心豊かに生活できる活力ある社会を実現するため、国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基本的な事項を定めた、2013年度から2022年度までの21世紀における第二次国民健康づくり運動のことです。

国税庁(未成年者の飲酒防止・適正飲酒の推進)

http://www.nta.go.jp/shiraberu/senmonjoho/sake/miseinen/mokuji.htm

国税庁では未成年者飲酒防止や飲酒運転根絶及び適正飲酒推進のための周知・啓発活動をしています。

内閣府(アルコール健康障害対策基本法)

http://www8.cao.go.jp/alcohol/

WHO(世界保健機関)が2010年に決議した「アルコールの有害な使用を低減するための世界戦略」で提唱された対策を実施するため、国としてアルコール健康障害の発生、進行及び再発の防止を図り、アルコール健康障害を有する者等に対する支援の充実を目的とした法律。2013年12月公布、2014年6月1日施行。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ