[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

血中アルコール濃度と酔いの症状

酔いの程度は、脳内のアルコール濃度によって決まります。但し実際に脳内の濃度を測るのは不可能なので、
代わりに血中アルコール濃度によって酔いの程度を判定しています。
(社)アルコール健康医学協会「お酒と健康を考える」より抜粋

1 爽快期~3 酩酊初期

1 爽快期の血中アルコール濃度と酔いの状態

血中アルコール濃度(%)
0.02~0.04
酒量
・ビール(中びん)
(~1本)
・日本酒
(~1合)
・ウイスキー・シングル
(~2杯)
酔いの状態
・さわやかな気分になる
・皮膚が赤くなる
・陽気になる
・判断力が少しにぶる

2 ほろ酔い期の血中アルコール濃度と酔いの状態

血中アルコール濃度(%)
0.05~0.10
酒量
・ビール
(1〜2本)
・日本酒
(1〜2合)
・ウイスキー・シングル
(3杯)
酔いの状態
・ほろ酔い気分になる
・手の動きが活発になる
・抑制がとれる
 (理性が失われる)
・体温が上がる
・脈が速くなる

3 酩酊初期の血中アルコール濃度と酔いの状態

血中アルコール濃度(%)
0.11~0.15
酒量
・ビール
(3本)
・日本酒
(3合)
・ウイスキー・ダブル
(3杯)
酔いの状態
・気が大きくなる
・大声でがなりたてる
・怒りっぽくなる
・立てばふらつく

脳への影響

脳への影響

網様体がマヒすると、理性をつかさどる大脳新皮質の活動が低下し、抑えられていた大脳辺縁系(本能や感情をつかさどる)の活動が活発になる。

4 酩酊期

4 酩酊期の血中アルコール濃度と酔いの状態

血中アルコール濃度(%)
0.16~0.30
酒量
・ビール(中びん)
(4〜6本)
・日本酒
(4〜6合)
・ウイスキー・ダブル
(5杯)
酔いの状態
・千鳥足になる
・何度も同じことをしゃべる
・呼吸が速くなる
・吐き気・おう吐がおこる

脳への影響

脳への影響

小脳までマヒが広がると、運動失調(千鳥足)状態になる。

5 泥酔期

5 泥酔期の血中アルコール濃度と酔いの状態

血中アルコール濃度(%)
0.31~0.40
酒量
・ビール(中びん)
(7〜10本)
・日本酒
(7合〜1升)
・ウイスキー・ボトル
(1本)
酔いの状態
・まともに立てない
・意識がはっきりしない
・言語がめちゃめちゃになる

脳への影響

脳への影響

海馬(記憶の中枢)がマヒすると、今やっていること、起きていることを記憶できない(ブラックアウト)状態になる。

6 昏睡期

6 昏睡期の血中アルコール濃度と酔いの状態

血中アルコール濃度(%)
0.41~0.50
酒量
・ビール(中びん)
(10本以上)
・日本酒
(1升以上)
・ウイスキー・ボトル
(1本以上)
酔いの状態
・まともに立てない
・意識がはっきりしない
・言語がめちゃめちゃになる

脳への影響

脳への影響

マヒが脳全体に広がると、呼吸中枢(延髄)も危ない状態となり、死にいたる。

血中アルコール濃度の算出方法

血中アルコール濃度は、次の式で算出できます。

血中アルコール濃度(%)=飲酒量(ml)×アルコール度数(%)/833×体重(kg)

体重60kgの人がビール中びん1本を飲んだとすると

網様体がマヒすると、理性をつかさどる大脳新皮質の活動が低下し、抑えられていた大脳辺縁系(本能や感情をつかさどる)の活動が活発になる。

血中アルコール濃度(%)=500(ml)×5(%)/833×60(kg)=0.05(%)

係数833の算出根拠

血中アルコール濃度は飲酒したアルコール重量を体液重量で割ったものです。

血中アルコール濃度(%)=アルコール重量(g)/体液重量(g)×100

アルコールは体液全体に及び、血液やリンパ液、水などの体液中も同一濃度であることを前提としています。
体液重量は体重の3分の2とすると、
アルコール重量(g)= アルコールの量(飲酒量)(ml)× アルコール濃度(%)/ 100 × アルコールの比重
体液重量(g)= 体重(kg)× ( 2/3 ) × 1000
アルコールの比重 = 0.8

体重60kgの人がビール中びん1本飲んだ場合は

血中アルコール濃度(%)=(500×5/100×0.8/60×(2/3)×1000)×100 =20/40000×100=0.05(%)

わかりやすく計算するために係数を算出すると、
( 2/3 ) / 0.8 × 1000 = 833
となります。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ