[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

二日酔い、悪酔いしないために

二日酔いの対策

二日酔いの対策

二日酔いは、お酒の種類を問わず、アルコール量(純アルコール量)の摂り過ぎによって起こります。

予防策は、ひとえに「飲み過ぎない」ことです。これが難しい場合は、せめて夜11時を過ぎたら強いお酒を避け、ウイスキーなどは水割りにして下さい。

二日酔いの対策

いろいろなお酒を代わる代わる飲むいわゆる「チャンポン」も、日頃のぺースを失い、飲み過ぎになりやすいので控えた方が賢明です。

飲み過ぎたと思った時は、睡眠と水分を十分にとり、胃に負担をかけないことが大切です。

二日酔いの予防と心得

予防策

予防策

二日酔いの予防策は「自分の適量を守る」ことに尽きます。夜ふけまで飲んだり、深酒は禁物です。

また、空腹で飲むとアルコールがすぐに吸収され、悪酔い、二日酔いの原因となります。食べながら飲むようにしてください。

おつまみはタンパク質やビタミンを多く含むものを中心に摂りましょう。

飲み過ぎたら

飲み過ぎたら

飲んだアルコールが分解されるまで時間がかかるので、たっぷり睡眠を取るようにします。

また、アセトアルデヒドの分解に役立つ糖分やビタミン類を含んだ果物などを摂るのもいいでしょう。

なお「迎え酒」はアルコールの麻酔作用による一時的なごまかしにすぎません。そればかりかアルコール依存症に一歩入っている、と考えられます。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ