[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

ほっとひと息リラックス

暮らしに癒しのひととき

適量のお酒は、心をほぐしたり、気分転換や安らぎをもたらします。
上手に付き合うことで、日常に潤いを与えるエッセンスにもなるのです。

お酒は種類によって原料も異なり、味わい、香りもさまざまです。最初の1杯として飲むことが多いビールの原料でもあるホップには、気分を落ち着かせたり、食欲を増進させる効果があると言われています。料理とも相性の良いワインは、気分をリラックスさせることでしょう。

ただし、お酒だけで気分転換をしようとすると、体に障害が生じたり、アルコール依存症になることもあります。味や香りを楽しみながら、ゆっくり、ほどよく飲みましょう。

ほどよい飲酒は体にうれしい

「酒は百薬の長」と言われ、長きにわたり人類のパートナーとして寄り添っています。事実、「適量のお酒を飲んでいる人の死亡率が、全く飲まない人、また大量に飲む人に比べて最も低い」といわれる根拠となる医学的に裏付ける調査データがあります。
これには人種や性別、地域条件を越えた共通性があり、適量飲酒がもたらす効果を、グラフの形から「Jカーブ効果」と呼んでいます。(グラフ参照)

この「Jカーブ」効果を検証した調査として、ACSH(American Council on Science and Health、米国保健科学協議会)の有力なレポート(1993年6月)があります。ACSHは、各国の医学関係者、研究機関による研究報告を集約、分析した結果、「適量の飲酒は全死亡率(※)を低下させ、健康にプラスである一方、過度の飲酒は死亡率を大幅に上昇させる」との結論をまとめています。
ただし、アルコールの許容量には個人差があること、「適量」の概念があてはまらないケースがあること(アルコール依存症者や薬物乱用者、飲酒運転、未成年者、妊婦、その他)に留意すべき、とも指摘しています。
なお、ACSHによれば、「Jカーブ」のデータは、もともと飲まない人に飲酒をすすめるものではなく、過剰飲酒の人達に適量を推奨するものです。

なぜ、適量の飲酒が死亡率を低下させるかといえば、アルコールが心臓疾患に予防効果があるHDLコレステロール(善玉コレステロール)のレベルを上げ、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)のレベルを下げ、ストレスに反応する冠状動脈発作を減少させる働きがあるとされているからです。
体のためにも、ほどよいお酒の付き合い方が大切だと言えます。

(※)全死亡率:病気だけでなく、事故、事件を含めたあらゆる原因による死亡率。「全く飲まない」人を基準とした場合の各飲酒量毎の相対的な死亡率をグラフにすると、J型のカーブになる。

【出典】
(社)アルコール健康医学協会「アルコール白書」

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ