[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

コミュニケーションが円滑に

コミュニケーションツールとしてのお酒

古来より、お酒は人々のコミュニケーションを円滑にする重要なツールとして人々に寄り添ってきました。
例えば、結婚式での三々九度や乾杯、お葬式で献杯、一年の締めくくりや新年の始まり、仲間を迎え入れ、送り出すときなど、人生のあらゆる節目にお酒が重要な役割を担っています。

このように人と人とを結び、コミュニケーションを円滑にするお酒は、適度に飲めば、私たちの暮らしを豊かなものにしてくれます。
しかし、度を過ぎた飲み方や誤った付き合い方をすれば、予期せぬマイナスを招き、本人だけでなく周りの人をも苦しめてしまう毒にもなる怖さも併せ持っています。

お酒の飲み方は、自分自身を映す鏡です。
正しい知識を身に付けることで、お酒のあるシーンが豊かなものになるのです。

飲酒についての消費者意見

飲酒についての意見 その通り
お酒は人と人のコミュニケーションを深める 90.7%
お酒は場の雰囲気を盛り上げる 85.1%
適量のお酒は、人生を豊かにする 82.8%
適量のお酒は、心身の健康に役立つ 80.7%
お酒はストレス解消に役立つ 77.0%
お酒は食事の味を引き立てる 70.8%
お酒は目上や目下の人との関係づくりに必要 70.7%

キリンビール消費者調査結果(2017年夏)より抜粋

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ