[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

乳酸菌KW3110株の研究

レポート

100種類以上の乳酸菌の中から、免疫細胞の濃度バランスに着目して
「乳酸菌KW3110株」を発見。そのはたらきについて研究しています。

乳酸菌の健康維持機能は古くから知られており、なかでも近年、注目を浴びているのが乳酸菌の免疫との関係、とくにアレルギーに関する研究です。キリンホールディングスは、ヨーグルトや発酵食品をつくる一般的な乳酸菌の中から、免疫細胞の濃度バランスを整える「乳酸菌KW3110株」を発見しました。これまでの「乳酸菌KW3110株」に関する研究成果をご紹介します。

乳酸菌KW3110株の発見

昔から、ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は、体質を改善し、健康を維持する効果が高いとされてきました。そこで、キリンホールディングスでは、昭和女子大学大学院生活機構研究科と共同で、アレルギー状態のマウスのリンパ球(白血球の一種)と様々な乳酸菌を共存させて、サイトカイン(特定の細胞に情報を伝えるタンパク質)を誘導する活性を比較しました。

その結果、乳酸菌のTh1サイトカインとTh2サイトカインの誘導活性は菌株により大きく異なることがわかりました。アレルギー状態のマウスの血液では、Th1サイトカインとTh2サイトカインのバランスがTh2側に傾いています。、数ある乳酸菌の中でも、小岩井乳業が所有するLactobacillus paracasei KW3110株が、Th1サイトカインを誘導する活性およびTh2サイトカインを抑制する活性が高いことを発見し、「乳酸菌KW3110株」と命名しました。

免疫細胞の濃度バランスとアレルギーの関係

アレルギーの反応が起こることと、外から入った病原菌などの異物を除去する白血球の働きとには、密接な関係があります。白血球は働きや形などからさまざまな細胞に分類されますが、その中にTh1細胞、Th2細胞というものがあります。この2種類の細胞はお互いにバランスを保ちながら、免疫を制御する働きをしています。

アレルギー反応が起きていると、Th2細胞と関連が深いIgE抗体という物質の血中濃度が濃くなっていることがわかっています。
IgEの濃度が高まると、花粉やダニなどのアレルゲンに接触したとき、くしゃみなどの様々なアレルギー反応が誘発されます。そこで、Th2細胞に傾いた免疫細胞のバランスを、Th1細胞とのバランスがとれている状態にするはたらきが必要だと考えました。

Th1/Th2バランスへの影響

アレルギーを誘導したマウスに、乳酸菌KW3110株を1mg毎日摂取させたところ、乳酸菌KW3110株を与えた群では、アレルギー反応の原因であるIgE抗体の量が乳酸菌を与えない群に比べて低くなることがわかりました。

また、このマウスの脾臓リンパ球のサイトカイン産生能を調べたところ、乳酸菌KW3110株を与えた群のリンパ球のほうがTh1サイトカインの産生量が高いことがわかりました。すなわち、乳酸菌KW3110株を摂取することによって、Th2細胞に傾いた免疫細胞のバランスを、Th1細胞とのバランスがとれている状態に改善するはたらきがあることが示唆されました。

学会発表
「抗アレルギー効果のある乳酸菌 Lactobacillus paracasei KW3110株の選抜」日本農芸化学会 2003年4月1日
「乳酸菌 Lactobacillus paracasei KW3110株の動物モデルでの効果」日本農芸化学会 2003年4月1日
Lactobacillus paracasei KW3110株の選抜とTh2偏向マウスにおける効果」日本アレルギー学会
関連論文
『The Anti-Allergic Effects of Lactic Acid Bacteria Are Strain Dependent and Mediated by Effects on both Th1/Th2 Cytokine Expression and Balance』Int Arch Allergy Immunol 2004;135:205-215

ページトップへ

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ