[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

ビールの抗酸化作用に関する研究

レポート

抗酸化作用といえば、赤ワインのポリフェノールが
よく知られています。ビールについても研究しました。

食品の抗酸化活性は、健康の維持につながる重要な機能と考えられており、赤ワインのポリフェノールによる抗酸化活性が話題になっています。キリンホールディングスでは、ビールの抗酸化活性の特徴について研究しました。

活性酸素と抗酸化活性物質

活性酸素は酸素ラジカルともいわれ、その高い反応性のため、体を構成する分子、特に細胞膜を構成する脂質や、遺伝をつかさどるDNAなどを傷つけて、体に様々な障害を与えるといわれています。
生物はこれらの障害から、いろいろな仕組みで体を守っていますが、食品に含まれる抗酸化活性物質が、それらの働きを補うことが明らかにされつつあり、その重要性が指摘されています。アルコール飲料では、赤ワインに多く含まれるポリフェノールが抗酸化活性物質として話題になっています。

ページトップへ

ビールの生体内抗酸化作用の特徴

キリンホールディングスは東北大学と共同で、赤ワインに次ぐ高ポリフェノール飲料であるビールの抗酸化作用についての研究を行いました。

ビールと赤ワインの比較

アルコール換算で等量となるように調整したビールと赤ワインの水溶液をラットに投与し、血漿の抗酸化能を活性酸素発生試薬添加後のビタミンEの残存率により評価しました。ビールを投与したラットの血漿では水を投与したラットの血漿と比較してビタミンE残存率が有意に高く、血漿の抗酸化活性の上昇が示唆されました。また、この活性上昇は、赤ワインを投与した場合と同程度でした。

酸化によって生じる血漿中の過酸化脂質の蓄積量を比較

ビタミンE欠乏食を与えて飼育したラットに、アルコール換算で等量となるように調整したビールと赤ワイン、アルコールの水溶液をそれぞれ4週間にわたって自由摂取させました。ビールを摂取した群では水やアルコール水を与えた群に対し、血漿中の過酸化脂質で表される生体の酸化ストレスが抑制されていることが示されました。

学会発表
「ビールの生体内抗酸化作用の特徴」日本農芸化学会 2002年3月27日

ページトップへ

体内への吸収性を比較

ラットを用いた上記の研究で、ビールの抗酸化活性は、赤ワインと同程度であるとのデータが得られました。一方、試験管内で同様の比較をすると、赤ワインの抗酸化活性はビールより4~5倍強く、ポリフェノール含量でも赤ワインが1.5~2倍多いというデータが得られています。そこで本実験では、ビールの抗酸化成分の特徴を、体内での吸収性という観点から比較しました。

アルコール換算で等量のビールと赤ワインの水溶液をラットに投与し、血漿の抗酸化能の変化をビタミンEの残存率により評価しました。その結果、ビール投与群は、投与後1時間、4時間後の2回にわたって抗酸化活性の上昇が認められたのに対し、赤ワイン投与群では、1時間後のみ抗酸化活性上昇が認められました。ビールには、赤ワインとは体内での吸収性の異なる抗酸化成分が含まれている可能性が示唆されました。

学会発表
「ビールの抗酸化活性の吸収性とその特徴」日本栄養・食糧学会 2002年7月21日
「ビールと赤ワインの生体内抗酸化活性に対する影響」日本栄養・食糧学会 2002年7月21日

ページトップへ

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ