[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

キリンなるほど研究所

キリンなるほど研究所トップに戻る

ペットボトルは白いビーズからつくられる

ペットボトルが何からできているか、ご存知ですか?実は、ペットボトルの原材料は、石油から合成されるプラスチックの一種であるPET(ペット)樹脂で、白いビーズのような形をしています。多くのPET樹脂は海外から輸入され、まずは試験管のような形をしたプリフォームに成形されます。そして、それを元に様々な種類のペットボトルがつくられるのです。
キリングループでは、ペットボトルをPET樹脂から成形する設備を整えています。PET樹脂はプリフォームやボトルと比べて体積が小さいため輸送しやすく、自社で成形することで容器の輸送燃料やCO2の排出量削減につながります。

ペットボトルの原料:PET樹脂

PETとは

ペットボトルのPETとは、原料であるポリエチレンテレフタレート樹脂の英文名[POLY ETHYLENE TEREPHTHALATE]の頭文字を抜き出したもの。PETは無色透明で、軽く、割れにくく、衛生的で、リサイクルにも適しているという、まさに今の飲料容器に求められる要件を高度に兼ね備える、とても優れた素材なのです。

  • キャップは、ペットボトルとは別の素材であるポリプロピレンまたはポリエチレンでできています。

ペットボトルはヒーローのように変身する

 

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ