[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

豊かな香りと味わいに挑む

おいしさ・上質さ

ビールや発泡酒の香りや苦味のもととなるのがホップです。ホップは、つる性の植物で、ビール類の製造には欠かすことができません。キリンは創業以来、ホップに関する研究を積み重ね、品種改良によるフローラルな香りを実現させたり、穏やかな苦味を引き出す技術を開発したりして、ビール類に豊かな香味を付与してきました。

ホップの成分をバランスよく引き出す

ホップはアサ科のつる性多年草で、雄株と雌株があります。ビールの原料に用いられるのは、雌株の毬花(まりばな)と呼ばれる部分です。ホップは、ビール類の製造に必要不可欠な原料で、ビールや発泡酒にさわやかな香りと苦味を与えるほか、泡の形成や保存性を高める作用もあります。
ホップに含まれる成分は、花や柑橘類を連想させるさわやかな香り成分のリナロール、苦味成分のイソアルファ酸、松ヤニのような好ましくないにおいのミルセンなどです。これらの成分をバランスよく引き出すことは非常に難しい一方、ビールのおいしさを左右する決め手の一つにもなります。
私たちは、これらの成分をバランスよく引き出すための研究に取り組んでいます。

ページトップへ

ホップを熟成させた「後熟ホップ」を開発

通常ホップは収穫・乾燥後、低温保存されます。これはホップの酸化が進むとチーズや樹脂のような、好ましくないにおいが発生してしまうためです。その一方で、酸化が進むと良い香りの成分が多く生成されるメリットもあります。
そこで私たちは、ホップの良い香りの生成を促進させつつ、好ましくないにおいの発生を抑えることができないかと考え、試行錯誤を重ねました。そして、ホップを所定温度で酸化(熟成)させる方法を発見しました。こうしてできたホップは、苦味とうまみが調和した、穏やかな苦味を特長としています。
私たちは、この方法で熟成させたホップを「後熟ホップ」と呼び、様々な商品に利用しています。

ページトップへ

  • ※ このページで使用している画像はBarth-Haas Groupより、提供いただいております。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ