[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

KIRIN News Release

「本麒麟(ほんきりん)」発売から約3カ月で1億本突破!

  • 商品
  • 2018年6月1日
  • キリンビール株式会社
「本麒麟(ほんきりん)」商品画像

キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、3月13日(火)に発売した「本麒麟(ほんきりん)」(350ml缶、500ml缶)が、約3カ月で年間目標の5割を超える1億本(350ml缶換算)※1を突破しました。

  • ※1 大びん換算すると約280万ケース

「本麒麟」は、“力強いコク”と“飲みごたえ”にこだわり、本格的なうまさを追求した商品です。
発売月の販売実績が当初販売計画の1.5倍を記録するなど大変好評をいただき、製造工場を3工場追加して、現在全9工場体制で製造を行うなど、増産体制も強化しています。
発売から3カ月が経っても販売好調で、ついに出荷本数は1億本を突破しました。これは、当社新ジャンル史上2番目の販売スピードで、「キリン のどごし<生>」以来の当社13年ぶりの大型新商品となりました。

「本麒麟」は、「ビールに近い味覚(高品質)」を求める新ジャンルユーザーのニーズを充足する新商品として、新ジャンルカテゴリー価値領域の拡大と、市場の活性化を目指します。

好調の要因

① ビールに期待される“力強いコクと飲みごたえ”の実現

当社調査※2によると、「本麒麟」を飲用したお客様の93%から「うまさに驚いた!」と好意的に評価いただいています。
「本麒麟」は新ジャンルの商品でありながら、ビールに期待される“力強いコクと飲みごたえ”を実現した商品です。ドイツ産ヘルスブルッカーホップを一部採用することで上質な苦みを実現し、当社主要新ジャンル商品より1.5倍の時間をかける長期低温熟成※3により、雑味を低減し、よりコクが感じられる味わいに仕上げました。
アルコール度数も6%と少し高めに設定することで、飲みごたえも実現しています。

  • ※2 キリン調べ(ビール類1カ月飲用者) 調査時期:2018年5月 N数:1,597名
  • ※3 キリンビール伝統の低温熟成期間を1.5倍にした製法/当社主要新ジャンル比
② 視認性が高く、本格的な美味しさを期待させるパッケージデザイン

上質で、お客様の目にも留まりやすい「赤」のパッケージカラー、中央にあしらった「本麒麟」のロゴ、キリンの聖獣に本格感・品質感を感じると、大変好評いただいています。

③ CMの好調

CM総合研究所による調査では、3・4月度のCM好感度「アルコール」銘柄で、2カ月連続1位に選ばれました。

キリングループは、あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いをひろげていきます。

商品概要

1.商品名
「本麒麟(ほんきりん)」
2.発売地域
全国
3.発売日
2018年3月13日(火)
4.容量/容器
350ml缶、500ml缶
5.価格
オープン価格
6.アルコール分
6%
7.酒税法上の区分
リキュール(発泡性)①
8.販売予定数
約510万ケース(65,000KL)※大びん換算
9.製造工場
キリンビール北海道千歳工場、仙台工場、取手工場、横浜工場、名古屋工場、滋賀工場、神戸工場、岡山工場、福岡工場(全9工場)
【お問い合わせ先】
キリンビール お客様相談室 フリーダイヤル:0120-111-560
【キリンホームページ】
http://www.kirin.co.jp/

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ