[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

KIRIN News Release

「復興応援 キリン絆プロジェクト」福島県とキリン株式会社が連携協定を締結~「ふくしまプライド。」の発信による福島県産農林水産物の販路拡大を目指して~

  • CSV
  • 2017年7月10日
  • キリン株式会社

キリン株式会社(社長 磯崎功典)は、福島県(県知事 内堀雅雄)と福島県の生産者が誇りを持って作りあげてきた農作物・水産物を広く全国の方々に伝える「ふくしまプライド。」の発信と福島県産農林水産物の販路拡大を目的とした連携協定を7月10日(月)に締結しました。

キリングループは、2011年に東日本大震災の復興支援活動として「復興応援 キリン絆プロジェクト」を開始しました。「絆を育む」をテーマに「地域食文化・食産業の復興支援」「子どもの笑顔づくり支援」「心と体の元気サポート」の3つの幹でグループ各社が一体となり展開してきました。
今回の連携協定は3つの幹の一つである「地域食文化・食産業の復興支援」として、(1)「ふくしまプライド。」の発信、(2)福島県産農林水産物の販路開拓・拡大、(3)福島県産農林水産物のブランド強化、(4)人材育成の4項目に関して締結するものです。これは福島県にとって、初めての食品メーカーとの連携協定になります。

当社は福島県と連携し「ふくしまプライド。」のメッセージを広く発信することで、福島県産農林水産物の風評被害払拭と販路拡大・ブランド育成・地域の活性化を目指します。
キリングループは、福島県の一日も早い復興を心より祈念するとともに、引き続き被災地の皆様の支援に尽力していきます。

「復興応援 キリン絆プロジェクト」について

「復興応援 キリン絆プロジェクト」は、震災後から2012年まで、農業・水産業への復興支援第1ステージとして、東日本大震災により被害を受けた岩手県、宮城県、福島県の農業者・水産業者に対して生産支援を行いました。
2013年からは、復興支援第2ステージとして、“生産から食卓までの支援”というテーマのもと、生産支援だけでなく、農作物・水産物のブランド育成支援、6次産業化に向けた販路拡大支援、将来にわたる担い手・リーダー育成支援などを展開しています。
なお、2016年までに復興支援第2ステージとして、福島県では農業20案件で3億3,404万円、水産業7案件で9,756万円、合計27案件で総額4億3,160万円の助成となりました。

キリングループは「健康」「地域社会」「環境」という3つの社会課題に取り組み、お客様と共に幸せな未来をめざしていきます。

【お問い合わせ先】
キリン お客様相談室 フリーダイヤル:0120-770-502
【キリンホームページ】
http://www.kirin.co.jp/

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ