[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

KIRIN News Release

国産最軽量※1のアルミ缶が「第41回木下賞」を受賞!

  • 研究開発
  • 2017年6月9日
  • キリン株式会社

キリン株式会社(社長 磯崎功典)のパッケージング技術研究所(所長 永嶋一史)は、環境に配慮したやさしいパッケージ開発の一環として、国産最軽量となるアルミ缶を開発しました。350ml缶では14.6gから13.8gへ約5%軽量化、500ml缶も18.1gから16.8gへ約7%軽量化しており、2016年11月下旬から順次、ビール、発泡酒、新ジャンル商品などで市場への展開を開始しています。この容器の開発により、今回、公益社団法人日本包装技術協会が主催する「第41回木下賞」の 改善合理化部門にて受賞しました。昨年の「国内最軽量ペットボトル」に続き、2年連続の同賞受賞となります。

  • ※1 当社調査による。(2017年6月8日現在)

今回のアルミ缶の軽量化にあたっては、“缶胴”が350ml缶で10.9g、500ml缶で13.9g、さらに“缶蓋”が2.9gと、“缶胴”“缶蓋”の両方が国産最軽量となりました。薄肉化をしながらも必要な強度を保てるよう形状などを工夫することで実現に至りました。このアルミ缶の“缶胴”と“缶蓋”を当社で最大限導入した場合※2、製造工程でのCO2排出量が年間約29,600t削減できます。これは、一般家庭における約1.3万人分の年間CO2排出量に相当します※3。

  • ※2 昨年のビール、発泡酒、新ジャンル出荷実績より算出。
  • ※3 1人当たり年間CO2排出量は約2.2t。(温室効果ガスインベントリオフィス調べ<2014年>)

「木下賞」とは

  • 「木下賞」は、公益社団法人日本包装技術協会、第二代会長 故 木下又三郎氏の包装界に対する多年の功績を記念して創設された表彰事業です。
  • 本賞は、毎年その年度において以下のものに対して授与されます。
    1. (1)包装の研究・開発に顕著な業績をあげたもの
    2. (2)包装の改善・合理化に顕著な業績をあげたもの
    3. (3)包装の新規分野創出に顕著な業績をあげたもの

キリングループは、あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いをひろげていきます。

【お問い合わせ先】
キリン お客様相談室 フリーダイヤル:0120-770-502
【キリンホームページ】
http://www.kirin.co.jp/

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ