[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

KIRIN News Release

新しいクラフトビールの楽しみ方「Tap Marché(タップ・マルシェ)」を地域限定で展開

  • 商品
  • 2017年1月12日
  • キリンビール株式会社

キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、新しいクラフトビールの楽しみ方を提案する「Tap Marché(タップ・マルシェ)」を地域限定で展開します。
「Tap Marché」は、「Marché(市場)」のように、個性豊かで多様なクラフトビールと多くのお客様が出会い、気軽に楽しんでいただく「場」を実現することで、新たなビール文化の創造を目指します。当社では、小型容器、専用ディスペンサーを開発し、2017年4月をめどに、1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の飲食店にて展開します。2017年は、1,000店での取り扱いを目指します。

当社は、「ビールを魅力的にする」取り組みの一環として、「キリン 一番搾り生ビール」の強化とともに、クラフトビールの展開に積極的に取り組んでいます。2014年7月に発表したクラフトビールブランド「SPRING VALLEY BREWERY」の立ち上げを皮切りに、同年9月には日本のクラフトビール市場のリーディングカンパニーであるヤッホーブルーイング社、2017年1月には米国の代表的なクラフトビールメーカーであるブルックリン・ブルワリー社と資本業務提携するなど、国内におけるクラフトビール市場の拡大、浸透を図ってきました。

近年、お客様の消費行動において「造り手の顔が見える商品・サービスを選びたい」、「日常を少しだけ特別にしてくれる個性的な商品が欲しい」といった価値観の変化が見受けられます。その表れとして、ビール市場では、クラフトビールなど個性的なこだわりのビールへの関心が強まっています。今回、当社では、新たな提案を通じて、飲食店向けにこれらのニーズに応えていきます。

今回展開する「Tap Marché」では多様な商品をラインアップしました。複数のクラフトビールの提供に適したサイズの3L小型ペットボトルの容器と、取り扱いが簡便で1台で4種類のクラフトビールの提供が可能な小型のディスペンサーを新たに開発し、お客様がビールを選べる楽しさを気軽に体験できる「場」を増やしていきます。

キリングループは、あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いを広げていきます。

「Tap Marché(タップ・マルシェ)」概要

1.名称
「Tap Marché(タップ・マルシェ)」
2.展開開始日
2017年4月(予定)
3.展開エリア
1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の飲食店
4.展開ブランド
「スプリングバレーブルワリー」
「グランドキリン」
「ヤッホーブルーイング」
「ブルックリン・ブルワリー」
5.展開目的
「Marché(市場)」のように、個性豊かで多様なクラフトビールと多くのお客様が出会い、気軽に楽しんでいただく「場」を実現することで、新たなビール文化の創造を目指します。
6.容器について
複数のクラフトビールの販売に適した3L小型ペットボトル容器を採用しました。
7.専用ディスペンサーについて
1台で4種類のクラフトビールが提供でき、省スペースで、容易に3L小型ペットボトル容器を交換できるディスペンサーを開発しました。飲食店が複数のラインアップの中から自店にあったクラフトビールを選ぶことが可能で、料理とクラフトビールを合わせた多様な提案ができます。また、取り扱うクラフトビールを変化させることで、お客様に選べる楽しさ、新しい発見を提供できます。
【お問い合わせ先】
キリンビール お客様相談室 フリーダイヤル:0120-111-560
【キリンホームページ】
http://www.kirin.co.jp/

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ