[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

KIRIN News Release


<ご参考>心と体の渇きを中からうるおし、日本人をもっと美しく!
仲間由紀恵が新CMでお茶の間にうるおいミストをお届け!
キリン 潤る茶の新CM『水滴』篇、 『水やり』篇
2008年5月24日(土)よりON AIR開始

2008年5月24日

 キリンビバレッジ株式会社(社長 齋藤信二)は、2008年5月27日(火)より新発売する「キリン 潤る茶」の テレビCMを制作しました。CMイメージキャラクターに女優・仲間由紀恵さんを起用し、2008年5月24日(土)より、全国でON AIRを開始します。

 CM作品は、仲間由紀恵さんがおいしそうに「潤る茶」を飲むシーンを盛り込みつつ、商品の登場を強くアピールする「水滴」篇。加えて、霧吹き片手にアクティブに動き、ミストを噴射する仲間由紀恵さんを通じて「渇いた現代人の心と体を中からうるおす」という商品コンセプトを印象深く伝える「水やり」篇の2作。「お茶でうるおいをとれたら、日本人はもっと美しくなると思う。」をメインメッセージに、みずみずしさにあふれた「潤る茶」の魅力を印象深くお伝えしていきます。お茶の間に向けて画面越しにミストを吹きかけるシーンなど、生き生きとした表情の仲間由紀恵さんに、ぜひご注目ください。

 また、CM楽曲には布施明さんの名曲「君は薔薇より美しい」を使用。楽曲自体の持つ明るく爽やかな歌詞や耳に心地よいメロディが、仲間由紀恵さんの出演シーンを軽快かつ華やかに演出しています。

 キリングループは「おいしさを笑顔に」をグループスローガンに掲げ、いつもお客様の近くで様々な「絆」を育み、「食と健康」のよろこびを提案していきます。

■CM作品ラインアップ
(1)「水滴」篇 15秒
 お茶の色をイメージした印象的な画面に一滴の水が落ちると、波紋の中から「茶」と「潤」の文字が出現し、続けて「お茶でうるおいをとれたら、日本人はもっと美しくなると思う。」というメインメッセージが水面に広がります。そして、水中から勢いよく取り出した「潤る茶」を飲み、心と体を中からうるおす仲間由紀恵さん。お茶の間に向けて霧吹きでミストを吹きかける仲間由紀恵さんのキュートな表情が印象的なラストカットは必見です。「潤る茶」の登場を、強いメッセージで宣言するとともに、これまでに見たことのないような仲間由紀恵さんが最高の笑顔を見せることで、お客様の「潤る茶」への期待感を高めていきます。

(2)「水やり」篇 15秒・30秒
 晴れた日のテラスで、仲間由紀恵さんがおいしそうに「潤る茶」を飲み、テラスいっぱいの植物に水やりを始めます。霧吹きを片手に持ち、まるでダンスを踊るかのようにアクティブに動きながらミストを噴射する仲間由紀恵さん。噴射したミストに包まれた仲間由紀恵さんが再び「潤る茶」を飲み、体の中からうるおっている様子を「うるぅ〜」と実感を込めて表現します。シズル感たっぷりの水やりと、「潤る茶」をおいしそうに飲む仲間由紀恵さんの姿を通して、“うるおい”というベネフィットをお客様へしっかりと伝え、お茶でうるおいをとる時代の到来を、ユーザー代表である仲間由紀恵さんが生き生きと表現します。


■CMデータ
OA開始予定:2008年5月24日(土)〜 
※「水やり」篇は5月28日(水)よりOA開始予定。
放送地域:日本テレビ系列・TBS系列・フジテレビ系列・テレビ朝日系列・テレビ東京系列など
放映形態:15秒、30秒
キャスト:仲間由紀恵

■出演者起用の経緯
 「キリン 潤る茶」は、「渇いた現代人の心と体を中からうるおす」をコンセプトに商品開発を進めました。CMでは、新しいブレンド茶の新登場感を堂々と表現し、「うるおい」というベネフィット、商品の魅力を印象深く伝えることを目指したところ、日本を代表する女優であり、「うるおい」という商品コンセプトに最もぴったりなキャスティングとして、仲間由紀恵さんに行き着きました。

■出演者コメント
 新発売の「キリン 潤る茶」のCMに出演させていただいています仲間由紀恵です。「潤る茶」は体を中からうるおしてくれる新しいお茶です。実際に、私も「潤る茶」を飲んでみましたが、みずみずしい味わいが本当に体にすーっとしみ込んでいく感じで、とてもおいしかったです。なので、CMでの「うるぅ〜」という言葉も自然と出てきました。このCMを通じて、お茶の間にうるおいをお届けして、「潤る茶」を応援していきます。

■楽曲情報
君は薔薇より美しい (使用音源は2002バージョン)
  ・作詞:門谷憲二
  ・作曲:ミッキー吉野
  ・歌 :布施明 
  ・発表:1979年

■制作スタッフ
広告代理店:株式会社博報堂
制作会社:株式会社ニッテンアルティ
クリエイティブディレクター・コピーライター:斉藤賢司(ホンシツ)
プランナー:安藤宏治(HANAVi)
アートディレクター:小口達也(博報堂)
プロデューサー:井沢成彦、和田真(ニッテンアルティ)
演  出:太田潤(キャンプカズ)
撮  影:清家正信(ティー・アップ) 


■撮影エピソード
 撮影は、4月中旬に都内スタジオで行われました。CMの舞台となるオープンテラスは、スタジオ内に巨大なセットを設置し、観葉植物に囲まれた、うるおいのある癒しの空間をつくりだしました。

 ポスター撮影後、つかの間の休憩を経てCM撮影スタジオに入った仲間由紀恵さんは、監督と演技プランについて入念な打合せを実施。前日もドラマ撮影があったにもかかわらず、疲れを見せない仲間由紀恵さんのプロ意識にスタッフも刺激され、撮影準備にも力が入りました。

 CM中で、回転の動きが印象的なシーンがありますが、そのシーンは次のような仕掛けから生まれました。1.回転する台を置き、その周りをレールで囲む。2.回転台の上で演技をする仲間由紀恵さんの周りを、レールに乗ったカメラがぐるりと回って撮影。この撮影手法を用いることで、映像作品に臨場感およびダイナミック感を付加することができます。

 また、アクティブに動きながらミストを噴射するシーンでは、監督と何度も動きを確認して撮影に臨み、激しいアクションや難しい演技を、爽やかな笑顔で自然にこなしていく仲間由紀恵さん。1カット撮影するごとに自分の目で確認をし、満足のいく演技ができているか、厳しい目で映像をチェックする仲間由紀恵さんの姿に、作品へのこだわりを感じました。

 長時間にわたる撮影にもかかわらず、終始最高の演技と笑顔をみせる仲間由紀恵さん。一生懸命に撮影に取り組んでくれた仲間由紀恵さんと、一丸となっていい作品をつくりあげようとしたスタッフのおかげで、「うるおい」の実感と、みずみずしい美しさにあふれたCMを撮影することができました。

■出演者プロフィール
 仲間 由紀恵(なかま ゆきえ)
生年月日:1979年10月30日
血液型:A型
出身地:沖縄県浦添市
趣味:スキューバーダイビング・ドライブ
特技:琉球舞踊(宮城流)

●近況
※TVドラマ
  NTVドラマ「ごくせん」
 2008年(平成20年)4月スタート
 
※映画
  「私は貝になりたい」
  2008年(平成20年)11月22日 全国東宝系公開

※舞台
  新橋演舞場公演「ナツひとり〜届かなかった手紙〜」
  2007年(平成19年)11月


【お問い合わせ先】
キリンビバレッジ お客様相談室 フリーダイヤル:0120-595-955
【キリンホームページ】
http://www.kirin.co.jp/

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ