[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

KIRIN News Release


<ご参考>「ジェロさんTV-CM初出演」で、話題のCMがついに完成
「キリン ファイア カフェゼロ」新発売広告
「JERO SINGS」篇スタート!
〜楽曲は、6/25発売のカバーアルバム「COVERS」収録の名曲「氷雨」を起用〜

2008年5月20日

 キリンビバレッジ株式会社(社長 齋藤信二)では、缶コーヒーブランド「ファイア」から5月20日(火)に発売される新アイテム「キリン ファイア カフェゼロ<キリマンジャロ100%>」に伴い、新発売広告「JERO SINGS」篇を、5月21日(水)より放映いたします。

 今回新発売する「ファイア カフェゼロ」は、缶コーヒーユーザーの甘さや糖分を控えるようになった嗜好の変化と健康志向を先取りした、これまでにない全く新しいタイプの商品。砂糖・ミルクを一切使用せず、ほのかな甘さで高級豆キリマンジャロ100%の香り高さとコクを際立たせ、贅沢なうまさを存分に楽しめます。

 広告宣伝では、ジェロさんが堂々のTV-CM初出演。演歌界に新風を巻き起こしたその実力が、缶コーヒー市場に新しいうまさを提案する「ファイア カフェゼロ」の商品特性を表現するにふさわしく、起用に至りました。CMでは、缶と同じシルバーのダイヤの舞台に、シルバーカラーを基調としたクールな出で立ちのジェロさんが、真剣な面持ちで、気持ちを込めて、往年の名曲「氷雨」を力強く歌います。この「氷雨」は、6月25日にリリースされる、数々の名曲をカバーしたファーストアルバム「COVERS」に収録。多くの人に愛されている70年代の名曲を、現代風にアレンジしています。


<ジェロさん プロフィール>
生年月日:1981年9月4日
出身地:ペンシルヴェニア州ピッツバーグ
最終学歴:ピッツバーグ大学情報科学科卒業

日本人である祖母の影響を受け、幼少より演歌を聴き始める。そして、大好きな祖母を喜ばせる為に自分でも演歌を歌い始めるうちに、自分自身が演歌の虜となり、2003年、演歌歌手になる為に来日。NHKのど自慢に出場し、いきなり合格し、その後も各地のカラオケ大会で数々の優勝・準優勝を獲得。アマチュア演歌歌手として精力的に活動を続けているところをスカウトされ、2年に及ぶボーカルトレーニングを経て、2008年2月シングル「海雪」でデビュー。さらに、数々の名曲をカバーしたファーストアルバム「COVERS」を6月25日にリリースすることも決定。一聴しただけでは日本人としか思えないその歌声は、聴いた者すべてを驚愕させる。日本人以上に日本人の心を持つジェロの登場は、2008年最大の衝撃である。


<楽曲プロフィール>
「氷雨」(作詞・作曲:とまりれん)
佳山明生さん1977年のデビュー作であり、1983年には第25回日本レコード大賞ロングセラー賞にも輝き、その後も数多くのアーティストにカバーされている名曲を現代風にアレンジしました。この「氷雨」は、6月25日にリリースされる、数々の名曲をカバーしたジェロさんのファーストアルバム「COVERS」に収録されています。


【CMストーリー】
♪「氷雨」
「ファイア カフェゼロ」のダイヤカットのパッケージをイメージした、シルバーの背景。
シルバーカラーを基調にしたヒップホップスタイルの衣装に身を包んだジェロさん。真剣な面持ちで気持ちを込め、自身初のカバーアルバムにも収録されている名曲「氷雨」を力強く歌う。
“豆が際立つほのかな甘さ”
ファイア カフェゼロをシャープに取り出し、歌に合わせて、ダンサブルな動きを
軽快にこなすジェロさん。
ポーズも決まった後に、高級豆キリマンジャロを100%使用し、砂糖ゼロで素材の味をそのまま引き出したその味を確かめるように、ゴクっと一口飲み、おいしそうな表情を見せる。
そして、豆の香りとコクが際立ち、ほのかな甘さの中に贅沢なうまさを噛み締め、穏やかな笑顔で一言。
「ジェロ!」
日本人以上に日本人の心を持ち、演歌界に新しい風を巻き起こした新星、ジェロさんの実力。
「CAFE ZERO」×「JERO」が見事に伝わった瞬間だ。
“Newうまい。ファイア カフェゼロ”


【撮影ウラ話】
東京近郊のスタジオに、そそり立つ「ファイア カフェゼロ」のダイヤカット缶を模した背景。実に6メートルもの大きな美術が建てられて、今回の撮影はスタートしました。
監督とスタッフによる入念なアングルのチェックのあと、いよいよジェロさんがスタジオに姿を表します。衣装は、缶のデザインを意識した、シルバー基調のヒップホップスタイル。白のドゥラグ(※)、黒の帽子もクールに決まっています。連日のレコーディングやテレビ出演で、多忙な毎日を送るジェロさんですが、スタジオでは、その疲れを微塵も感じさせずに、スタッフ一人一人に丁寧な挨拶をしてまわります。ジェロさんのまじめで謙虚な人柄が、その応対や振る舞いから周囲に伝わりました。
監督の企画説明と演技指導に耳を傾けるジェロさんの表情は真剣そのもの。カメラの前に立ち、自身のカバーアルバムの一曲「氷雨」がかかると、いよいよ本番モードに。今回は、楽曲のプロモーションビデオのように、さまざまなポーズとアングルからの撮影でしたが、カットの声がかかる度に、ジェロさん自身がプレイバックを入念にチェックしながら、じっくり録り進めていきました。
最後の「ジェロ!」の台詞カットでは、一転して穏やかな微笑みに。ここにもジェロさんの優しい人柄が表れていました。クールで上品な映像は見る見るうちに増えていき、すべてのカットを録り終えてOKの声がかかると、スタジオ中に拍手が響き渡ります。最後まで、真剣に撮影に取り組んでいただいたジェロさん、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました!

(※)ドゥラグ・・・ヒップホップファッションとして定着した布で、帽子と組み合わせて着用したりします。


【お問い合わせ先】
キリンビバレッジ お客様相談室 フリーダイヤル:0120-595-955
【キリンホームページ】
http://www.kirin.co.jp/

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ