[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

KIRIN News Release


<ご参考>キリンビバレッジ スリランカ フレンドシッププロジェクト特別企画
スリランカ茶葉のオリジナルティーバッグ「ヌワラエリア」「ウバ」を
4月24日(木)からインターネットで新発売

2008年4月25日

 キリンビバレッジ株式会社(社長 齋藤信二)が運営するショッピングサイト『Markers(マーカーズ)』(http://www.markers.co.jp)は、紅茶研究家の磯淵猛氏おすすめの紅茶を手軽においしく楽しめる、スリランカ茶葉を使ったオリジナルティーバッグ「ヌワラエリア」「ウバ」を4月24日(木)からインターネットで新発売しました。2007年8月から開始した「キリンビバレッジ スリランカ フレンドシップ プロジェクト」の特別企画として、この商品の売上の一部をスリランカの小学校に寄付します。

高画質画像はこちら

 日本が輸入する紅茶の約7割はスリランカの紅茶です(※)。当社のロングセラー商品「午後の紅茶」でも1986年の発売開始以来、良質な茶葉が産出されるスリランカの紅茶を主に使用しています。今回は、スリランカの銘茶の産地として有名なヌワラエリア地区とウバ地区の茶葉を使ってティーバッグを作りました。「ヌワラエリア」は心地よい刺激的な渋味と、さわやかなキレ味が特徴で、フルーツや花にも似た新鮮な香りが楽しめます。また、「ウバ」は世界三大銘茶のひとつに数えられており、バラの花に似た甘い芳香と、ミントに似た爽やかな香りが特徴で、強い渋味はミルクティーにぴったりです。(※2006年日本紅茶協会調べ)

 なお、本商品は、売り上げの一部を2007年8月から開始した「キリンビバレッジ スリランカ フレンドシップ プロジェクト」へ寄付する特別企画商品です。「キリンビバレッジ スリランカ フレンドシップ プロジェクト」とは、長年のスリランカへの感謝をかたちにすべく、『スリランカの未来を担う子供たちのために、5年間図書を寄贈し、ひとつのライブラリーを作り上げる』ために継続的な寄贈活動を行うものです。
 お買い上げいただいた「ヌワラエリア」についてはヌワラエリア地区の、「ウバ」についてはウバ地区の、小学校への図書購入費用として寄付します。本商品の販売を通じ、ティーバッグをご購入された皆さまとともに、紅茶のふるさと・スリランカの未来を担う子供たちの学校生活を応援していきます。

 キリングループは「おいしさを笑顔に」をグループスローガンに掲げ、いつもお客様の近くで様々な「絆」を育み、「食と健康」のよろこびを提案していきます。

【商品概要】

商品名

入り数

価格(税込)

発売日

マーカーズオリジナルティーバッグ ヌワラエリア 

25パック

1,350円

4月24日(木)

マーカーズオリジナルティーバッグ ヌワラエリア

10パック

 550円

4月24日(木)

マーカーズオリジナルティーバッグ ウバ 

25パック

1,350円

4月24日(木)

マーカーズオリジナルティーバッグ ウバ

10パック

 550円

4月24日(木)

●キリンビバレッジ・スリランカ フレンドシッププロジェクト
【プロジェクトの目的】 
 紅茶の産地であるスリランカへの感謝をかたちにすること
【プロジェクトの内容】 
 スリランカの小学校への、継続的図書寄贈による「キリンビバレッジライブラリー」の設立
【寄贈先となる学校】
 スリランカ・ヌワラエリア地区の小学校2校 ウバ地区の小学校1校  計3校
【具体的寄贈内容】
 各校に本棚1台、図書約150冊(物語、図鑑、地図等 小学校の希望を聞き、選定)
【今後の計画】
 毎年図書を継続寄贈し、5年を目処に、ライブラリーを完成させる計画です。
完成後のフレンドシッププロジェクトのありかたについては、「子供たちの教育・健全な育成を支援する」ことを原則として、現地のご要望をお聞きしながら、その内容を検討していきたいと考えています。


●磯淵 猛(いそぶち たけし)氏プロフィール
1951年    愛媛県生まれ。 青山学院大学卒業。
1979年    紅茶専門店ディンブラを開業。
1994年2月  株式会社ティー・イソブチカンパニーを設立。

紅茶専門店ディンブラの開業に伴い、スリランカ、インド、中国の紅茶の輸入を手がける。
同時に紅茶の特徴を生かした数百種類のオリジナルメニューを開発。プロセミナーの開催、経営コンサルティング、プロデュースを行うほか、紅茶研究家、紅茶エッセイストとして活躍中。
近著に「一杯の紅茶の世界史」(文春新書)など。また、一般向けに講演、紅茶教室、セミナーを開催するほか、2004年秋からは、茶経塾(全国茶商工業共同組合連合会運営)で講師を務めるなど、日本の茶業活性化にも貢献中。    


【お問い合わせ先】
キリンビバレッジ お客様相談室 フリーダイヤル:0120-595-955
【キリンホームページ】
http://www.kirin.co.jp/

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ