[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

KIRIN News Release


「キリン 午後の紅茶」4月8日(火)リニューアル新発売

2008年3月21日

 キリンビバレッジ株式会社(社長 齋藤信二)は、紅茶飲料のトップブランド※1「キリン 午後の紅茶」をリニューアルし、4月8日(火)より全国で新発売します。

高画質画像はこちら

高画質画像はこちら

 1986年の発売以来、常に日本の紅茶飲料市場をリードし続ける「キリン 午後の紅茶」。昨今は無糖茶が支持される一方で、甘さのある「嗜好性」飲料の人気も高まっています。こういった背景から、今回のリニューアルでは、「紅茶力アップ」というコンセプトを掲げ、ストレートティー、レモンティー、ミルクティーのそれぞれの特徴を際立たせ、従来の飲みやすさはそのままに、「嗜好性」を高め、「きちんと淹れた大人のおいしさ」を実現しました。今年の「午後の紅茶」も、より魅力的な味覚とパッケージを提案し、お客様のさらなる期待にこたえていきます。

<ストレートティー> 「茶葉と淹れ方にこだわって紅茶力アップ」
より紅茶のおいしさを引き出すため、スリランカの銘茶ディンブラ茶葉を中心に、
従来より高めの温度で抽出しました。低カロリーはそのままに、より紅茶感がアッ
プしたストレートティーに仕上げました。
  
<レモンティー>「茶葉とのバランスでよりレモン感際立つ」
フレッシュな風味が特徴のシチリア産のレモン果汁を活かすために、茶葉を厳選
することで、よりレモン感を際立たせたレモンティーに仕上げました。
 
<ミルクティー>「牛乳100%でミルク感しっかり」
ミルクのおいしさにこだわり、乳成分は牛乳のみを使用しました。さらに、ミル
クと相性の良い茶葉を厳選することで、ミルクのやわらかな甘みが楽しめるミルク
ティーに仕上げました。

 また、当社湘南工場とナガノトマト社の工場で生産する1.5Lペットボトルには、当社2Lペットボトルで採用している、ペコッとつぶせてエコロジーな「ペコロジーボトル」を新たに採用します。これにより、従来のボトルから湘南工場生産品では3g、ナガノトマト生産品では9gの軽量化を実現し、42gとなりました。使用時の強度は損なわずに、使用後には薄くつぶせるため、空容器を分別排出する際のお客様の負荷を軽減し、リサイクルの促進にもつながります。

 パッケージは、初代「午後の紅茶」を踏襲し、缶のリーフティーのイメージを訴求しています。上品な輝きで品質感を担保しつつ、売り場で主張性のあるデザインに一新しました。
 
 キリングループは「おいしさを笑顔に」をグループスローガンに掲げ、いつもお客様の近くで様々な「絆」を育み、「食と健康」のよろこびを提案していきます。

※1 食品マーケティング研究所調べ

「キリン 午後の紅茶」ラインアップ

容量

価格

1箱   入り数

ストレートティー

レモンティー

ミルクティー

1.5LPETボトル

330円

8本入り

1LPETボトル

230円

12本入り

 

 
500mlPETボトル

140円

24本入り

350mlPETボトル

125円

24本入り

 
280mlPETボトル

124円

24本入り

340g缶

115円

24本入り

250g缶

115円

30本入り

 

 

245g缶

115円

30本入り

 

190g缶

80円

30本入り

250ml紙(LL)スリム

100円

24本入り

250ml紙(LL)レギュラー

105円

24本入り

 

(価格は、消費税抜き希望小売価格です)


【お問い合わせ先】
キリンビバレッジ お客様相談室 フリーダイヤル:0120-595-955
【キリンホームページ】
http://www.kirin.co.jp/

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ