[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

KIRIN News Release

ANA(全日空)国際線ファーストクラスの機内ワインに決定
『シャトー・メルシャン 新鶴シャルドネ 2006』
〜日本ワインが10年ぶりに登場!〜




 メルシャン株式会社(本社:東京、社長:岡部 有治)がメルシャン勝沼ワイナリー(山梨県)にて醸造する日本ワイン『シャトー・メルシャン 新鶴(にいつる)シャルドネ 2006』が、2008年3月から2009年2月まで、ANA(全日空)国際線ファーストクラスの機内にてサービスされるワインに選ばれました。

 ANA国際線のファーストクラスの機内でサービスされるワインは、約1,000本の応募のなかから書類審査を通過した約200本を審査するブラインドテイスティング選考会にて最終的に約23本にしぼられます。このような厳しい審査を通して選ばれたワインは、毎年世界のワイン愛好家の関心を集めています。
 近年品質向上により世界からも注目を集める日本ワインが、数多くの輸入ワインも競合する中、今回10年ぶりに選ばれました。

 『シャトー・メルシャン 新鶴シャルドネ』のぶどう栽培地“新鶴”は、福島県会津盆地の西側に位置し、30年以上前から白ワイン用高級ぶどう品種シャルドネの栽培が行われてきました。
 新鶴地区は、日当たりが良く水はけのよい丘陵地で、標高200mと比較的低い平地であるものの内陸性気候の盆地のため昼夜の温度差も大きく、ぶどう栽培に適しています。
栽培家の手によって丁寧に育まれ、収穫されたぶどうはメルシャン勝沼ワイナリーに運ばれ、醸造家の手により、オーク樽にて発酵・育成され、ぶどうの栽培地の個性を最大限に表現した洗練されたスタイルのワインとなります。
 品質向上のための長年の努力が結実した結果、「新鶴シャルドネ」は当社のフラッグシップブランドである「シャトー・メルシャン」シリーズとして、2001年に初めて発売され、日本国内の多くのワイン愛好家の皆様にご好評いただいていますが、今回世界中の皆様に同ワインをお楽しみいただける機会を得たことは、大変名誉なことといえます。

 今後も当社は日本ワインのリーディングカンパニーとして、日本人の感性、風土、品種が生み出す豊かな個性をもった「シャトー・メルシャン」シリーズの品質の向上を図り、その価値を世界に伝え続けることで、日本ワインの地位向上に貢献していきます。

【提供ワインの概要】
◆商品名 『シャトー・メルシャン 新鶴シャルドネ2006』
◆容量 750ml
◆税別希望小売価格 2,700円
◆商品サイト http://www.chateaumercian.com/

【ANA(全日空)国際線ファーストクラス機内サービスについて】
◆提供期間 2008年3月から2009年2月
◆提供路線 ANA(全日空)国際線ファーストクラス全線





以 上
2008年2月12日(リリースNO.08008)
 
【お問い合わせ先】
メルシャン お客様相談室 フリーダイヤル:0120-676-757
【キリンホームページ】
http://www.kirin.co.jp/

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ