[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

KIRIN News Release

2008年6月18日

「キリンチューハイ 氷結ZERO」を新発売
〜 「キリンチューハイ 氷結」から、“糖類ゼロ”の新提案! 〜

「キリンチューハイ 氷結ZERO」商品画像

新しくウィンドウが開きます:高解像度画像

 キリンビール株式会社(社長 三宅占二)は、「キリンチューハイ 氷結」から、スタンダードシリーズ、糖質50%オフシリーズに続き、果汁のみずみずしさが生きた、クリアで爽快な“糖類ゼロ”※1が特長の「キリンチューハイ 氷結ZERO」を、氷結ZEROシリーズとして7月30日から新発売します。定番として人気の高い「レモン」と「グレープフルーツ」の2アイテムで展開し、品種はそれぞれ350mlと500mlです。

  • ※1 「糖類ゼロ」は100mlあたり糖類0.5g未満のものに表示可能。(栄養表示基準による)

 「キリンチューハイ 氷結ZERO」は、「氷結」らしいクリアで爽快なおいしさはそのままに、糖類を極限までなくした、“糖類ゼロ”のからだに心地よい「氷結」です。「氷結」共通の搾りたての果汁をそのまま凍らせた“氷結ストレート果汁”で、果汁本来のみずみずしさを感じていただきながらも、チューハイに求められる自然な甘さを絶妙のバランスで実現した“糖類ゼロ”のおいしい「氷結」です。

 パッケージは、ダイヤカットデザインやロゴで現行の「氷結」のデザインを感じさせながらも、“糖類ゼロ”のコンセプトが際立つよう、クリアで清烈なイメージのホワイトをベースに、現代的でスタイリッシュなデザインとしました。
 広告では、「キリンチューハイ 氷結ZERO」の発売にあわせ、TVCMを中心にインターネット、交通広告などで訴求するほか、店頭などでは「キリンチューハイ 氷結」ブランド全体でお客様に魅力的な提案をしていきます。

 4月から本格化した特定健康診査・特定保健指導なども背景に、健康志向への期待感は一層高まっています。発泡酒市場においては、「麒麟ZERO」や「淡麗グリーンラベル」などの糖質やカロリーを抑えた商品の構成比が、約5割※2にのぼる勢いとなっています。
 今回RTD※3市場でも、市場を牽引している「氷結」ブランドから“糖類ゼロ”の新提案を展開することで、健康に対する意識の高いお客様だけでなく、チューハイファンのお客様まで幅広くすそ野を広げていきます。

  • ※2 各社広報数をもとに当社推計(2008年1−3月)
  • ※3 Ready to Drinkの略。栓を開けてそのまま飲める低アルコール飲料。

 キリングループは、「おいしさを笑顔に」のグループスローガンを掲げ、いつもお客様の近くで様々な「絆」を育み、「食と健康」のよろこびを提案していきます。

「キリンチューハイ 氷結ZERO」概要

1. 商品名 「キリンチューハイ 氷結ZERO レモン」
「キリンチューハイ 氷結ZERO グレープフルーツ」
2. 発売地域 全国
3. 発売時期 2008年7月30日(水)
4. 発売品種 レモン・グレープフルーツ 各350ml缶・500ml缶
5. 希望小売価格 オープン価格
6. 商品コンセプト 果汁のみずみずしさが生きた、クリアで爽快な“糖類ゼロ”の「氷結」
7. 商品特長  
【味覚】 “糖類ゼロ”でありながらも、搾りたての果汁をそのまま凍らせた“氷結ストレート果汁”ならではの、果汁のみずみずしさが生きた、クリアで爽快なおいしさ
◆レモン:アルコール分7%、果汁4.0% 
◆グレープフルーツ:アルコール分6%、果汁4.0%
【パッケージ】 「氷結」の“糖類ゼロ”らしい、清烈で透明なイメージのホワイトをベースに、現代的でスタイリッシュな世界観を追求したデザイン
8. 広告展開 「キリンチューハイ 氷結ZERO」新発売時から、テレビCM(1,500GRP予定)を中心にインターネット、交通広告などで展開。
  • ※GRP(Gross Rating Point)延べ視聴率。各回の聴取・視聴率の合計。広告効果の算出に利用する。
9. 販売予定数 約166万ケース(250ml缶換算)*10,000kl (2008年年間)
10. 製造工場 キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所、キリンビール岡山工場、栃木工場
【お問い合わせ先】
キリンビール お客様相談室 フリーダイヤル:0120-111-560
【キリンホームページ】
http://www.kirin.co.jp/

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ