[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

ジャパン・ブルワリー重役会議事録

  • 「重役会議事録」とは、ジャパン・ブルワリーで行われた重役会の議事録をつづったもので、1885(明治18)年7月8日から1904(明治37)年12月21日まで、約270回分が収められている重要な資料です。「重役会議事録」から読み取ることのできるエピソードとともに、全議事録を公開します。
  • キリングループの歴史

ジャパン・ブルワリー重役会議事録とは

重役会には、例会と臨時会の両方があったようです。ただそれぞれの会議がどちらなのかははっきりしていません。日付も曜日もとくに決まったものではないので、おそらく例会、または臨時会と称してその都度招集されていたのでしょう。 議事録からは、日常の意思決定をはじめ、経営戦略の重要決定事項について読みとることができます。

会議は、多くがジャパン・ブルワリーの事務所、すなわち横浜山手のウォーター・ストリート7号で行われました。会議時間も日によって異なりますが、だいたい午後3時か4時に始まって午後6時には終了するという2、3時間程度のものでした。出席するメンバーについても日によって異なりますが、だいたい5人前後で、会議の内容によって醸造技師(ヘッケルト)や明治屋(磯野計・米井源治郎)がその都度招集されました。

最初の重役会を前に配布された仮設立趣意書と議事録

最初の重役会を前に配布された仮設立趣意書と議事録

※研究者の方へのお願い
この資料をご使用いただく際は、その目的等についてご連絡いただけると幸いです。
また、資料を使用した研究成果(論文・著書など)につきましては、お手数ですが下記までご送付願います。
(抜き刷り、コピーでも構いません。)
〒164-0001 東京都中野区中野四丁目10番2号 中野セントラルパークサウス
キリン株式会社 ブランド戦略部アーカイブ室

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ