[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

2017年12月号「キリングループトピックス」

2017年12月、2018年1月のキリングループのトピックスをご案内いたします。

“プラズマ乳酸菌”のウィルス防御メカニズムを新たに解明!

インフルエンザワクチンの不足が報じられ、乳酸菌への注目が高まっていますが、さまざまな乳酸菌の特長についてはあまり知られていません。そこで、キリン(株)事業創造部の藤原大介(農学博士)による“プラズマ乳酸菌”セミナーを開催し、“プラズマ乳酸菌”の特長に加え、新たに解明したウイルス感染防御メカニズムを説明しました。

特長

一般的な乳酸菌は、NK細胞※など一部の細胞を活性化させるだけですが、キリンの独自素材“プラズマ乳酸菌”は、免疫細胞の司令塔であるプラズマサイトイド樹状細胞(pDC)を直接活性化させることで、多くの免疫細胞に作用し、ウイルス感染の防御に貢献するのが特長です。

  • 異常細胞を殺傷する働きがある。そのほかウイルス感染細胞を殺傷する働きをもつ「キラーT細胞」などが知られている。

新たに解明した感染防御メカニズム

  1. 感染防御に重要な役割を果たす分泌型IgA(唾液中)の有意な増加があった
  2. ウイルス抵抗性遺伝子の発現量維持に効果があることが新たに確認された
  3. インフルエンザワクチンを接種した被験者において、ウイルス抵抗性遺伝子の発現量維持効果が顕著であった

以上から、“プラズマ乳酸菌”は、さまざまなウイルス感染の防御に貢献するほか、インフルエンザの予防接種を受けた方には相加効果が期待できることが分かりました。

年末から1月にかけて需要が高まる キリングループの「いちご」関連商品!

  • 冬から春にかけては、“ソフトフルーツ系”フレーバー商品が好まれる傾向にあり、販売ボリュームも増加します。特に「いちご」フレーバーは年末から1月にかけて需要が高まるため、キリングループ各社では様々な商品で「いちご」フレーバーを展開していきます。
  • キリンビール:「氷結® 紅ほっぺ<期間限定>」(12月19日(火)発売)RTDでは珍しい「紅ほっぺ」(静岡産100%)を使用。
  • メルシャン:「ギュギュっと搾ったサングリアスプリングロゼタイム」(2018年1月16日(火)発売)“ストロベリー”、ピーチ、チェリーを組み合わせた春だけの特別なサングリア。
  • キリン・トロピカーナ:「トロピカーナ シーズンズ・ベスト ストロベリーテイスト」(11月7日(火)より発売中)5つの果実が織りなす華やかで贅沢な味わいの100%ジュース。

クラフトジンブーム到来!2年連続で販売数量更新見込み!

  • 世界各国でジンがブームになっています。英国・オランダ・ドイツやフランスでジンの生産者が急増し、プレミアムジンの消費が伸びています。国内においても財務省の貿易統計によるとジンの輸入額が2013年から4年連続で増えており、2016年は約19億円と過去最高となりました。
  • この流れの中心にあるのが、「クラフトジン」と呼ばれる、小規模生産によるこだわりのジンです。スーパープレミアムジン国内売上NO.1※の「タンカレー ナンバーテン」は、マスターディスティラーにより少量ずつ丹念に作られる「ハンドクラフテッド・ジン」です。
  • 2016年に「タンカレー ナンバーテン」はクラフトジンブームを追い風に過去最高の販売数量となりました。2017年も好調に推移しており、過去最高を更新する見込みです。
  • 2015年販売数量実績(IWSR2015)日本国内におけるスーパープレミアムジン売上容量換算より

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ