[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

2017年8月号「キリングループトピックス」

2017年7、8月のキリングループのトピックスをご案内いたします。

残暑に備え、まだまだ増産中 広がる熱中症対策

  • 気象庁の予報によると、今年は全国的に厳しい残暑になるとされている。キリンビバレッジでは、熱中症対策飲料として認知が高まっている「世界のキッチンから ソルティライチ」や「香ばし麦茶」を8月に増産※し、残暑に備えた熱中症対策を訴求していく。
  • 「世界のキッチンから ソルティライチ」は前年比3倍、「香ばし麦茶」は前年比2.7倍の増産

伸長するデカフェ市場 カフェインクリア製法(特許製法)による商品開発

  • カフェインゼロ商品の市場規模は2012年以降、成長を続けている※。健康・美容意識の高まりから、高齢者や妊娠・子育て中の女性を中心に、カフェインを控える方が増えている。そこで、キリンビバレッジでは、カフェイン除去とおいしさと実現するカフェインクリア製法で5月に発売した「生茶 デカフェ」に加え、8月22日に「午後の紅茶 ストレートティーデカフェ」を発売し、様々な飲用シーンの拡大に貢献していく。
  • 株式会社富士経済 2015年 清涼飲料マーケティング要覧NO.2

ワイン事業

  • 7月対前年数量比-2%。国内製造ワインは-2%と輸入ワインは-2%となったが、シャトー・メルシャン+23%、カッシェロ・デル・ディアブロ+10%、アルベール・ビショー+25%と中価格帯の注力ブランドを中心に好調に推移、最盛期に向けてさらに販促を強化していく。
  • メルシャンが日本で展開する「アルベール・ビショー」のアラン・セルヴォー氏が「インターナショナル・ワイン・チャレンジ」にて、2度目となる「レッド・ワインメーカー・オブザイヤー」を受賞。同社ワインも13個のトロフィーを獲得した。
  • 8月には日本でワインづくりが始まって140年を迎えることから、勝沼にて毎年恒例の仕込み式の他、記念イベントを31日に開催予定。

ヌーヴォー情報

  • 7月上旬時点で、ブドウは順調な状態にある。収穫は8月下旬くらいからを想定しており、今後も良好な天候が続くことを期待している。

清涼飲料事業

  • LINEとの協働によるポイント付与型自販機サービス「Tappiness(タピネス)」は、設置台数が4,500台を突破(7月末時点)。
  • 「お茶のいろは」は飲み比べや急須を使ったお茶を淹れる体験も出来ると好評で7月21日開業からの来館者が累計で約1,000人となった。

その他:海外情報

  • 午後の紅茶、スリランカ産紅茶葉に貢献!
    キリンビバレッジは、紅茶飲料No.1ブランド「午後の紅茶」が、発売から31年間にわたりスリランカ産紅茶葉を使用してきたことを評価され、「スリランカ紅茶誕生150周年記念」を機会にスリランカ紅茶局長及びプランテーション産業大臣から表彰される。現在でも「午後の紅茶」の約8割がスリランカ産の紅茶葉を使用しており、これは日本が同国から輸入している紅茶葉の約3分の1にあたる。
  • 「一番搾り」東アジアで好調!
    「一番搾り」ブランドは、重点エリアであるアジアでの活動を強化。韓国・香港は8月、中国は9月に夏季プロモーションを実施。中でも香港では8月3日から9月3日まで、商業施設「Mira Place」の中庭にて、「一番搾りガーデン」を実施。日本品質やビールの楽しさを提案し、ブランド価値強化を図る。同時に量販店や飲食店においても夏季プロモーションを実施し、話題化を図る。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ