[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

キリンビール株式会社 2017年上半期課税数量報告

  2017年上半期 2016年上半期
  KL 千ケース 前年比(%) KL 千ケース
ビール計 286,053 22,595 -1.3% 289,744 22,887
発泡酒計 217,634 17,191 -0.8% 219,294 17,322
新ジャンル計 259,587 20,505 -5.1% 273,593 21,611
総計 763,274 60,290 -2.5% 782,631 61,819

(ご参考:上半期主要ブランド別販売数量)

  2017年上半期(万ケース) 前年比(%) 2016年上半期(万ケース)
一番搾りブランド計 1,548 -1.0% 1,563
淡麗ブランド計 1,710 -1.0% 1,728
のどごしブランド計 1,942 -3.1% 2,005
  • ケース=633ml×20本(12.66L)換算

上半期市場環境

円安による収益押し上げが企業業績に好影響を与えたものの、全体の個人消費は力強さを欠いた。人件費・物流費高騰、社会保険料等の上昇による可処分所得の伸び悩みや将来的な負担増に対する生活防衛意識も消費に下押しとなった。特に将来不安が強い若年層でその傾向は強まった。
ビール業界は、2026年酒税一本化を見据えたビール・RTD強化や、健康志向や働き方見直しで再び成長軌道のノンアルコールビール施策投入が鮮明となった。また、改正酒税法施行等による店頭価格上昇で、消費につながる付加価値型商品提案が今後求められる。

上半期課税出荷数量(5社計)

  • ビール・発泡酒・新ジャンル計は、5年連続マイナス(-1.3%)
  • ビール計は、2年ぶりマイナス(-1.4%)
  • 発泡酒計は、2年連続マイナス(-2.4%)
  • 新ジャンル計は、4年連続マイナス(-0.7%)

キリンビール:上半期ブランド別概況

  • ブランド別の対前年比は販売数量。
  • 「一番搾り」は、四季の風情や温かみを訴求した商品展開に加え、今年も「47都道府県の一番搾り」を発売。一部店頭価格上昇の影響もあったが、ビール市場平均を上回る△1.0%に留まった。下半期は、4年ぶりにフルリニューアルする「新・一番搾り」を7月下旬製造分より順次発売。「上品な麦のうまみ」を実感いただく過去最大規模の広告・販促策を投入し、年間プラスを実現する。
  • 「淡麗」は、「淡麗プラチナダブル」が+5.8%と引き続き好調。「淡麗グリーンラベル」も発泡酒市場平均を上回って推移した。
  • 「のどごし<生>」は、店頭価格上昇の影響を受けたもののマイナス幅は縮小。「のどごし」本来の「うまい<生>」訴求でブランド回復を目指しながら、「のどごしスペシャルタイム」の再強化を実施。
  • RTD計は、「氷結」や「本搾り」の好調により、昨年(+4.6%)を上回る+7.3%で着地。「氷結」はストロングシリーズや「旅する氷結」のヒットで、年間目標+6.1%を上回る+9.2%で進捗している。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ